[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹に日本の焼肉をおごられた海外選手が感激「もの凄く美味しい」「幸せだった」

日本開催の米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップは13日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で開幕した。注目が集まる前年大会優勝の松山英樹(LEXUS)は、開幕前に9月のプレジデンツカップでともに戦った世界選抜のメンバーを焼肉に招待。舌鼓を打った海外選手は「最高だったよ」「ヒデキに感謝だ」などと語っている。米メディアが報じた。

ZOZOチャンピオンシップに出場した松山英樹【写真:Getty Images】
ZOZOチャンピオンシップに出場した松山英樹【写真:Getty Images】

ZOZOチャンピオンシップ開幕前のおもてなし

 日本開催の米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップは13日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で開幕した。注目が集まる前年大会優勝の松山英樹(LEXUS)は、開幕前に9月のプレジデンツカップでともに戦った世界選抜のメンバーを焼肉に招待。舌鼓を打った海外選手は「最高だったよ」「ヒデキに感謝だ」などと語っている。米メディアが報じた。

 大会前、プレジデンツカップ世界選抜公式インスタグラムは「昨晩、東京でヒデキがプレジデンツカップのチームを日本の焼肉に招待した」と紹介し、世界選抜の豪華メンバーら20人以上が焼肉に集った写真を公開。ホストの松山は一番奥の席で笑みをこぼしていた。

 13日の初日を2バーディー、3ボギーの1オーバーで終えた松山は、会見で「みんなが喜んでくれたので良かったです」などと語っていた。代金は全て自身が支払っていたようだが、米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」は「ZOZOチャンピオンシップ前に、ヒデキ・マツヤマがプレジデンツカップでチームメイトだったペレスに『アメージング』な日本の夕食をご馳走」との見出しで記事を公開した。

 記事ではクリスチャン・ベザイデンハウト(南アフリカ)のコメントを紹介。「最高だったよ。ヒデキがローカルな場所に連れて行ってくれた。食事は素晴らしかった。プレジデンツカップの世界選抜チームが皆そこにいた。凄く楽しかったし、食事がもの凄く美味しかったんだ」と語ったという。

 またミト・ペレイラ(チリ)は「ヒデキは我々をもてなしてくれた。日本の焼肉に行ったんだ。みんな幸せだったよ。食事はアメージングだったね。ヒデキに感謝だ」と、松山のおもてなしに感激していたようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集