[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本の「右サイドの強襲を爆発させた」 伊メディアが最高評価した意外な選手は?

日本の「右サイドの強襲を爆発させた」 伊メディアが最高評価した意外な選手は?

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、1次リーグH組で日本がコロンビアを2-1で破り、2010年大会以来8年ぶりの勝利を手にした。FW大迫勇也が1-1の後半28分に決勝ゴール。前評判を覆しての歴史的な金星を挙げた日本代表に、今大会の出場を逃したイタリアメディアも注目。各選手の採点では、意外な選手を最高評価している。

柴崎岳【写真:Getty Images】
柴崎岳【写真:Getty Images】

イタリアメディアも「今後の予測を複雑にさせた」と大金星に驚愕

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、1次リーグH組で日本がコロンビアを2-1で破り、2010年大会以来8年ぶりの勝利を手にした。FW大迫勇也が1-1の後半28分に決勝ゴール。前評判を覆しての歴史的な金星を挙げた日本代表に、今大会の出場を逃したイタリアメディアも注目。各選手の採点では、意外な選手を最高評価している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 日本の大番狂わせに、イタリアメディアも仰天している。同国の放送局「スポーツ・メディアセット」は「戦術と忍耐力を武器とした日本代表の勝利は、全てのチームに驚きを与え、今後のW杯の予測を複雑にさせた」と驚愕しつつ、日本を称えている。

「コロンビアは1点を取られた後も、キンテーロを後ろに引き下げた4-4-1の戦術によって上手くいくかに見えた。しかし日本の活躍によってその支配は困難なものとなった」

 記事では、MF乾貴士の前では、コロンビアは確実なスペースを見つけるのが難しくなり、ペナルティエリアのボールは潰されたとしている。

「後半から試合はさらに大きく変わった。ペケルマン監督はチャンスを作るために攻撃的な選手を投入したが、コロンビアにとっては冗談のような出来事が起きた」

「何故ならカガワの後に入ったホンダらによって約30分間、日本のチャンスが続いたのだ。最終的に73分にオオサコが得点したが、それまでに少なくとも3回の得点の機会が、イヌイとサカイによって作られていた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー