[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吉田優利、今季5度目の2位に取材中も悔し涙 最終18番で3m外し「切れちゃいました…」

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック最終日が18日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われ、2位で出た吉田優利(エプソン)は、3バーディー、1ボギーの70で回って通算12アンダー。ツアー初優勝の19歳・尾関彩美悠(フリー)に1打届かず、今季5度目の2位となった。終了後は悔し涙をポロポロと流した。

住友生命東海C、通算12アンダーで2位となった吉田優利【写真:Getty Images】
住友生命東海C、通算12アンダーで2位となった吉田優利【写真:Getty Images】

住友生命Vitalityレディス東海クラシック

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック最終日が18日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われ、2位で出た吉田優利(エプソン)は、3バーディー、1ボギーの70で回って通算12アンダー。ツアー初優勝の19歳・尾関彩美悠(フリー)に1打届かず、今季5度目の2位となった。終了後は悔し涙をポロポロと流した。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 最終18番パー4。吉田は3メートルのバーディーチャンスを左に外した。一方、尾関は2メートルのバーディーパットをカップイン。瞬間、優勝の可能性はなくなった。しかし、吉田は表情を変えずにパーパットのラインを読んでホールアウト。すぐに尾関の元に駆け寄り、「おめでとう」と声を掛けてグータッチをした。

 クラブハウスに戻ると、涙をポロポロと流した。取材中にも目から涙があふれた。

「最後のパットはいい回転で打てましたが、切れちゃいました……」

 16番パー3では、先に7メートルのバーディーパットを決めて1打リードしたが、尾関も5メートルのバーディーパットを入れ返してきた。デッドヒートは18番まで続き、最後に決着をつけられた。悔しさでいっぱいだが、尾関の実力も認めた。

「16番、(尾関のパットは)入るだろうなと思っていました。細く見えて私よりも飛距離が出ますし、アグレッシブなプレーをしていいと思います。その姿勢がいいゴルフにつながっているのでは」

 今季5度目の2位。「もう、2位はいいですね」と聞かれると、「はい」とうなずいて言った。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集