[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、13勝目で「CY賞の可能性を広げた」と地元紙「リーグ最高の投手の根拠追加」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。7回3安打無失点8奪三振で、自己最多を更新する13勝目を挙げた。地元紙はサイ・ヤング賞期待の声を上げている。

試合後にトラウトとハイタッチするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
試合後にトラウトとハイタッチするエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

7回0封マリナーズ戦の投球を評価

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。7回3安打無失点8奪三振で、自己最多を更新する13勝目を挙げた。地元紙はサイ・ヤング賞期待の声を上げている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

「ショウヘイ・オオタニがエンゼルスを勝利させ、サイ・ヤング賞受賞の可能性を広げる」との見出しで報じたのは、米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」だ。「もし毎日の出場がショウヘイ・オオタニのア・リーグMVPの議論を生むものだとしたら、毎週土曜はサイ・ヤング賞の可能性を高める日になる」とし、最近は土曜に登板している大谷のサイ・ヤング賞について触れた。

 この日は8三振を奪い、7回3安打無失点の好投でリーグ5位の13勝目をマーク。規定投球回まで、あと14イニングとした。「マリナーズ戦で7回を投げ切って2-1の勝利に貢献。ア・リーグ最高の投手であることの根拠を追加した」と報じ、「ワイルドカード争い真っ只中のマリナーズを3安打に抑え、過去4登板で防御率を2.83から2.43(ア・リーグ4位)に良化させた」と評価した。

 記事では、サイ・ヤング賞の他の有力候補として、アストロズのジャスティン・バーランダー、レイズのシェーン・マクラナハン、ホワイトソックスのディラン・シーズの名前を挙げており、MVPと共に投手最高の栄誉に期待を寄せている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集