[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフに今週も新星 19歳尾関彩美悠が初優勝、川崎春花に続く10代ルーキー2週連続V

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック最終日が18日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われ、単独首位で出た19歳・尾関彩美悠(フリー)が5バーディー、3ボギーの70で回り、通算13アンダーで初優勝を飾った。前週の川崎春花に続く10代ルーキーの連続優勝。台風14号の接近に伴う荒天による約2時間の中断も跳ねのけた。吉田優利(エプソン)は今シーズン5度目の2位となった。

住友生命東海Cで初優勝を果たした尾関彩美悠【写真:Getty Images】
住友生命東海Cで初優勝を果たした尾関彩美悠【写真:Getty Images】

住友生命Vitalityレディス東海C

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック最終日が18日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われ、単独首位で出た19歳・尾関彩美悠(フリー)が5バーディー、3ボギーの70で回り、通算13アンダーで初優勝を飾った。前週の川崎春花に続く10代ルーキーの連続優勝。台風14号の接近に伴う荒天による約2時間の中断も跳ねのけた。吉田優利(エプソン)は今シーズン5度目の2位となった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 最終18番。2メートルのバーディーパットを決めると、尾関は拳を握り歓喜を爆発させた。首位から出たこの日は午前9時に降雨のため中断となり、2時間5分後の11時5分に再開。雨も風もあり、難しいラウンドだったが、19歳は動じることがなかった。前半を1バーディー、1ボギーで折り返すと、後半は10、11番で連続ボギーを叩いたものの、12番パー5でバーディーを取り返した。さらに15、16番でスコアを伸ばし、18番パー4の第2打を寄せ、勝負を決めた。

 尾関は岡山・倉敷出身の19歳のルーキー。6月の宮里藍サントリーレディスに続き、2度目の最終日最終組だった。前回は2位から出て8位で終えたが、「次に最終日最終組になったら、優勝したいです」と意気込んだ3か月後に巡ってきたチャンスを見事にモノにした。女優・小芝風花に似ていると評判。前週でツアー初優勝を飾った同期の川崎に続き、女子ゴルフに今週も新星が誕生した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集