[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に勝つなら「降板後に打つしかない」 敵地シアトル紙も快投0封に脱帽しきり

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。7回3安打無失点8奪三振で、自己最多を更新する13勝目を挙げた。大谷の快投にシアトルの地元紙も脱帽。「(打つのは)不可能に近いだろう」と伝えている。

7回3安打無失点の快投で13勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
7回3安打無失点の快投で13勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵軍地元紙も嘆き「マリナーズが勝てるとするなら、ブルペン陣を打つしかなかった」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。7回3安打無失点8奪三振で、自己最多を更新する13勝目を挙げた。大谷の快投にシアトルの地元紙も脱帽。「(打つのは)不可能に近いだろう」と伝えている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 投球スタイルを変化させた大谷。スライダーを多投し、6回まで毎回奪三振、被安打をわずか3に抑えた。マリナーズの地元紙「シアトルタイムズ」は「打線が手薄になったマリナーズ、エンゼルスのショウヘイ・オオタニを倒す火力は残っていなかった」と見出しを打って、この日の敗戦をこう伝えた。

「健康で全員が揃ったマリナーズ打線だとしても、ショウヘイ・オオタニから安打や得点を重ねるのは難しいことだろう」
「それにスアレス、ハニガー、ロドリゲスがいない打線? 不可能に近いだろう」

 同紙はただでさえ難敵の大谷に対し、前日スタメンで今季27本塁打のフリオ・ロドリゲスと同31本塁打のユジニオ・スアレスを欠いていたことを嘆いた。また「マリナーズが勝てるとするなら、オオタニがマウンドを降りた後のブルペン陣を打つしかなかった」と脱帽しきりだった。

 大谷は7回を投げて、今季の投球回を148とし、規定投球回まであと14と迫った。打者としては初回にフェンス直撃の先制二塁打を放ち、2打数1安打1打点。投打で躍動し、2-1の勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集