[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平との対戦で「嫌なものだった」 マリナーズ先発が悔やんだ先制打じゃない1打席

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。2-1で勝利し、7回3安打無失点8奪三振の13勝目を挙げた。打っても2打数1安打1打点1四球。相手先発は4回の打席で与えた四球を「嫌なものだった」と悔やんだ。

投げては13勝目を挙げ、打っても2打数1安打1打点だったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
投げては13勝目を挙げ、打っても2打数1安打1打点だったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マリナーズ先発カービーは22先発で与四球15

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。2-1で勝利し、7回3安打無失点8奪三振の13勝目を挙げた。打っても2打数1安打1打点1四球。相手先発は4回の打席で与えた四球を「嫌なものだった」と悔やんだ。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷は“打”でもチームに貢献した。初回1死一塁で迎えた第1打席、相手右腕のジョージ・カービーから左翼フェンス直撃の先制適時二塁打を放った。続く4回先頭の第2打席では、四球を選んで出塁。その後に打線が繋がり、追加点のホームを踏んだ。

 ルーキーのカービーはここまで22試合に先発し、与四球は15。1試合に2個以上の四球を与えたことがなく、新人王の候補にも名を連ねている。MLB公式サイトはカービーの談話を掲載。大谷に与えた四球を「嫌なものだった」と振り返ったという。

「先頭打者に四球を許すのは自分自身を苦しめる。ストレスが溜まってしまうんだ」と続けたカービー。打者としては一発があり、走者としても足がある大谷。対戦しても、出塁させても嫌な選手だけに先頭で迎える二刀流は、細心の注意を払う必要もある。

 大谷は投手としても7回を投げ切り、自己最多を更新する13勝目。規定投球回まであと14イニングに迫った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集