[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳尾関彩美悠、素朴キャラ全開のV会見「普段はビックリするほど忘れ物する(笑)」

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック最終日が18日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われた。単独首位で出た19歳・尾関彩美悠(フリー)が5バーディー、3ボギーの70で回り、通算13アンダーで初優勝。前週の川崎春花に続く10代ルーキーの連続優勝となった。台風14号の接近に伴う荒天による約2時間の中断も跳ねのけた。吉田優利(エプソン)は今季5度目の2位となった。

住友生命東海C、通算13アンダーで初優勝した尾関彩美悠【写真:Getty Images】
住友生命東海C、通算13アンダーで初優勝した尾関彩美悠【写真:Getty Images】

住友生命東海C最終日「春花ちゃんの優勝はすごく刺激になりました」

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック最終日が18日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で行われた。単独首位で出た19歳・尾関彩美悠(フリー)が5バーディー、3ボギーの70で回り、通算13アンダーで初優勝。前週の川崎春花に続く10代ルーキーの連続優勝となった。台風14号の接近に伴う荒天による約2時間の中断も跳ねのけた。吉田優利(エプソン)は今季5度目の2位となった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 以下、優勝会見に出席した尾関の主な一問一答。

――優勝、おめでとうございます。率直な気持ちは。

「本当にうれしいです。フフ」

――ルーキーの2週連続優勝ですね。

「はい。最近、同世代の子が次々と優勝しているので、今週は優勝を目指して頑張っていました。先週の(川崎)春花ちゃんの優勝は、すごく刺激になりました。自分も頑張らなきゃと思いました」

――今日のプレープランは。

「優勝できたらいいなと思っていました。最後まであきらめないと決めていました」

――最大3打差がつきましたが。

「それより、自分の連続ボギーに腹が立っていました。残りのホールは自分のできる限りを頑張ろうと思いました」

――18番、先に吉田選手がピンにつけました。プレッシャーはありましたか。

「なかったです。優利さんはチャンスにつけてくると思っていたので。私はとにかく振り切ろうと思いました」

――ウイニングパットは。

「18番に入る時、大勢のギャラリーがいました。2度目の最終日最終組で、この光景は久しぶりだったのでうれしかったです。最後のパットは、ラインのことだけを考えていました」

――キャディーが先に泣きましたね。

「前の日から、『優勝したら、自分の方が先に泣く』と言ったので、『じゃあ、それを見て彩美悠は笑う』と言っていました。その通りになりました(笑)」

――尾関さんは泣きましたか。

「全然、泣いていません。汗を拭いていました(笑)」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集