[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

8年目苦労人&プロ初戦21歳が好発進 2位種子田香夏「気負わず」4位奥山友梨「ドキドキ」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が8日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で開幕した。上位には、予選会を突破して出場権をつかんだ選手も名を連ねた。66で6アンダーの種子田香夏(たねだ・かな=QTnet)は2位。67で5アンダーの奥山友梨(おくやま・ゆうり=チェリーヒルズGC)は4位につけた。昨年6月、最終プロテストに合格したツアー初出場の奥山は、スタートから4連続バーディーで観客や大会関係者を驚かせ、種子田はプロ8年目でツアーでの自己ベストスコアをマークした。例年、プロ選手が最も多く出場できるツアー大会(今年は132人)。ワンチャンスに懸ける2人がそれぞれの思いを語った。

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯初日、2位の種子田香夏(左)と4位の奥山友梨【写真:Getty Images】
日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯初日、2位の種子田香夏(左)と4位の奥山友梨【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯初日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯が8日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で開幕した。上位には、予選会を突破して出場権をつかんだ選手も名を連ねた。66で6アンダーの種子田香夏(たねだ・かな=QTnet)は2位。67で5アンダーの奥山友梨(おくやま・ゆうり=チェリーヒルズGC)は4位につけた。昨年6月、最終プロテストに合格したツアー初出場の奥山は、スタートから4連続バーディーで観客や大会関係者を驚かせ、種子田はプロ8年目でツアーでの自己ベストスコアをマークした。例年、プロ選手が最も多く出場できるツアー大会(今年は132人)。ワンチャンスに懸ける2人がそれぞれの思いを語った。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 奥山は1番パー5から4連続バーディーを決めた。想定外のことに胸が高鳴った。

「落ち着かなかったですし、ドキドキしました。変な感じでした」

 2000年度生まれのプラチナ世代。だが、西村優菜、吉田優利、古江彩佳らエリート選手とは違い、高卒1年目で受けたプロテストは1次予選で失敗している。

「調子が悪くてゴルフが嫌で仕方なかった。私生活から変えなければダメだと思い、地元の熊本を離れて一人暮らしを始めました」

 ネットで探した兵庫県内のチェリーヒルズGCに申し込み、研修生として寮生活をスタート。2度目のプロテストではカットライン上で合格するも、昨年はステップ・アップ・ツアー出場全4試合に予選落ちした。ツアー予選会も1次で失敗。主催者推薦出場の機会も得られず、7月に開催された今大会の予選会(関西)でトップ通過を果たし、ツアー初出場に至った。

「『出られるんだ~』という思いでした。なので、この日を楽しみにしていました。でも、意外と緊張しませんでした」

 熊本県出身で、コースには同郷の先輩が多くいる。名前の読みが同じ「ゆうり」の不動裕理については、「神様レベル」と表現。有村智恵や上田桃子にも会釈しているというが、「私のことは知らないと思いますので……」と恐縮していた。

 そんな状況での好発進。4連続バーディーの後、連続ボギーをたたくも、3バーディーを獲り返す粘り強さも発揮した。優勝なら史上初のプロ初戦でのツアーVになるが、21歳の奥山は遠慮気味に言った。

「今日は私としてはロケットスタートです。ただ、明日から心配です。優勝はできたらいいですが、いきなりはできないと思うので、できればトップ10に入りたいです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集