[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

左フック炸裂→前のめりダウンに実況絶叫 KO勝ちの24歳に米興奮「なんてビーストだ」

ボクシングのWBC世界ライト級挑戦者決定戦が4日(日本時間5日)、米ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで開催され、同級3位のイサック・クルス(メキシコ)がエドゥアルド・ラミレス(米国)に2回KO勝ちした。相手の意識を飛ばした強烈左フックには、「凄いな」「秀逸なショットだ」と米ファンから興奮の声が寄せられている。

ラミレスに2回KO勝ちしたイサック・クルス【写真:Getty Images】
ラミレスに2回KO勝ちしたイサック・クルス【写真:Getty Images】

24歳クルスが2回KO勝ち

 ボクシングのWBC世界ライト級挑戦者決定戦が4日(日本時間5日)、米ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで開催され、同級3位のイサック・クルス(メキシコ)がエドゥアルド・ラミレス(米国)に2回KO勝ちした。相手の意識を飛ばした強烈左フックには、「凄いな」「秀逸なショットだ」と米ファンから興奮の声が寄せられている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 食らった相手は立っていられなかった。2回、青いグラブのクルスはロープを背にしたラミレスに強烈な左フックをお見舞い。鈍い音とともにまともに顔面にヒットすると、ラミレスは意識が飛んだかのようにふらつき、前のめりにダウンした。現地実況席からも「Oh!」と興奮の声が飛んだ。

 意識朦朧とする中、何とか試合を続行したラミレスに、クルスは容赦なくパンチを浴びせる。残り30秒を切ろうかというところで2度目のダウンを奪い、レフェリーが試合をストップ。24歳のクルスがKO勝ちし、通算成績を24勝(17KO)2敗1分けとした。

 最初に奪ったダウンシーンの動画を、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のボクシングの米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」専門ツイッターが公開。「イサック・“ピットブル”・クルスが強烈なダウン奪取!」と紹介すると、米ファンからは「なんてビーストだ」「ライアン・ガルシアはタンク(ガーボンタ・デービス)の前に彼と戦うべき」「凄いな」「秀逸なショットだ」「彼はモンスターだ」「この左はクレイジーだ」などとコメントが集まっている。

 クルスはライト級でWBA11位、WBC3位、IBF4位、WBO3位。昨年12月にWBA世界ライト級タイトルマッチで王者ガーボンタ・デービス(米国)に判定負けしたものの、今年4月の再起戦ではユリオルキス・ガンボア(キューバ)に5回TKO勝ちしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集