[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ感動の初V セキ・ユウティンが大粒の涙を流した理由「皆が私に勇気を…」

4日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスで、セキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディングス)が悲願のツアー初優勝を果たした。福井生まれで中国育ちの24歳。優勝後に涙を流したシーンがファンの感動を呼んでいたが、自らその理由を明かしている。

ゴルフ5レディス最終日、ツアー初優勝を果たしたセキ・ユウティン【写真:Getty Images】
ゴルフ5レディス最終日、ツアー初優勝を果たしたセキ・ユウティン【写真:Getty Images】

ゴルフ5レディスで初優勝

 4日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスで、セキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディングス)が悲願のツアー初優勝を果たした。福井生まれで中国育ちの24歳。優勝後に涙を流したシーンがファンの感動を呼んでいたが、自らその理由を明かしている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 周囲の支えに涙が溢れた。通算12アンダーで並んだ前年女王の吉田優利(エプソン)とのプレーオフ2ホール目、セキはウイニングパットが決まると同時にガッツポーズ。吉田と健闘を称え合った後、流れ出る涙を堪えきれなかった。カメラのフラッシュがたかれる中、24歳は目元を袖で拭いながら初優勝の感激を味わった。

 ファンの感動を呼んでいたこのシーンの映像を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式インスタグラムも公開していたが、セキは自身のインスタグラムで涙について、日本語でこう記している。

「最後の涙は、サポートしてくれた人、励ましてくれた人を思い出す……皆が私に決して諦めない精神とプレッシャーに直面する勇気を与えたので、皆様に感謝しております」

 これまで支えてくれた人を思っての涙だったと明かしたセキ。父の仕事の都合で日本で生まれ、幼い頃に中国へ移住。7歳からゴルフを始め、2017年に日本ツアーに本格参戦した。シード権は獲れなかったが、19年に下部ツアー優勝。レギュラーツアーでもいつ優勝してもおかしくないと期待されていた。ツアー中に仲良くなった日本人選手との会話で日本語も上達。日本のニュース番組を中国語の字幕を付けて見るなど、言葉の壁も乗り越えて悲願を手にした。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集