[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、欠場したのに敵地記者が感じた強烈な存在感「彼のいないエ軍見てられない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)の本拠地アストロズ戦を休養日で欠場。チームは1-9で大敗した。前日には111球の力投で、2-1の勝利に貢献していたが、敵地の米記者は「オオタニのいないエ軍は見てられない」と現地取材で二刀流の欠場を実感。現地ファンからも「エンゼルスは彼の全盛期を無駄にしている」と同意の声が上がっている。

ベンチから試合を見るエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ベンチから試合を見るエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

エンゼルスは1-9で敗戦

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)の本拠地アストロズ戦を休養日で欠場。チームは1-9で大敗した。前日には111球の力投で、2-1の勝利に貢献していたが、敵地の米記者は「オオタニのいないエ軍は見てられない」と現地取材で二刀流の欠場を実感。現地ファンからも「エンゼルスは彼の全盛期を無駄にしている」と同意の声が上がっている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 24試合ぶりの欠場となった大谷がベンチで観戦する中、西地区で首位を独走するアストロズとの3連戦最終戦に臨んだエンゼルス。2回にタッカーの23号2ランなどで5失点を喫すると、7回にもアルトゥーベに23号2ランを被弾。8回にトラウトが意地の29号ソロを放つも、9回にはアルバレスに2点タイムリーを浴びて敗戦した。

 アストロズの先発ウルキディに7回まで4安打無得点、8つの三振を喫するなど抑えられたこの日のエンゼルス打線。現地で取材した米テキサス州地元紙「ヒューストンン・クロニクル」のアストロズ番チャンドラー・ローム記者は大谷の欠場の大きさを実感したようで、自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニのいないエンゼルスのラインナップは、とても見ていられない」と投稿した。

 痛烈な指摘には、米ファンからも「エンゼルスは彼とトラウトの全盛期を無駄にしているよ」と同意の声が上がったほか、「素晴らしい仕事をしたぞ、ウルキディ!」と先発投手への称賛も寄せられていた。試合を欠場した大谷は前日、投げては今季最多の111球で8回6安打1失点。打っては4打数無安打1四球。今季12勝目はならなかったものの、ベーブ・ルース以来となるメジャー通算400奪三振&100本塁打の大記録をマークしていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集