[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

週末女子ゴルフの感動シーン 握り拳→大粒の涙、悲願の初Vセキに「もらい泣き」の声

4日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスで、セキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディングス)が悲願のツアー初優勝を果たした。福井生まれで中国育ちの24歳。通算12アンダーで並んだ前年女王の吉田優利(エプソン)とのプレーオフを制した。ウイニングパット後のガッツポーズ、その後に流した大粒の涙にファンも感激した様子。実際の映像に「もらい泣きした」「痺れるパット」と反響が集まっている。

ゴルフ5レディス最終日、ツアー初優勝を果たしたセキ・ユウティン【写真:Getty Images】
ゴルフ5レディス最終日、ツアー初優勝を果たしたセキ・ユウティン【写真:Getty Images】

日本生まれのセキ・ユウティンがツアー初V

 4日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・ゴルフ5レディスで、セキ・ユウティン(ミツウロコグループホールディングス)が悲願のツアー初優勝を果たした。福井生まれで中国育ちの24歳。通算12アンダーで並んだ前年女王の吉田優利(エプソン)とのプレーオフを制した。ウイニングパット後のガッツポーズ、その後に流した大粒の涙にファンも感激した様子。実際の映像に「もらい泣きした」「痺れるパット」と反響が集まっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 決めれば優勝、緊張の一打を沈めて右手を握った。プレーオフ2ホール目、セキはウイニングパットが決まると同時にガッツポーズ。吉田と健闘を称え合った後、溢れる涙を堪えきれなかった。カメラのフラッシュがたかれる中、24歳は目元を袖で拭いながら初優勝の感激を味わった。

 この姿がファンの心を打ったようだ。日本女子プロゴルフ協会公式インスタグラムは、実際の映像を公開。「セキユウティンのウイニングパット JLPGAツアー初優勝を飾り涙が溢れました」と文面で伝えると、「最後の痺れるパット良くいれましたね」「見ていて感動しました」「スイングの綺麗さが大好きでずっと応援していました!」「涙の初優勝おめでとう!」「もらい泣きしました!!」「いつまでもこの感動と笑顔を忘れずにね!」とコメントが書き込まれていた。

 セキは父の仕事の都合で日本で生まれ、幼い頃に中国へ移住。7歳からゴルフを始め、2017年に日本ツアーに本格参戦した。シード権は獲れなかったが、19年に下部ツアー優勝。レギュラーツアーでもいつ優勝してもおかしくないと期待されていた。ツアー中に仲良くなった日本人選手との会話で日本語も上達。日本のニュース番組を中国語の字幕を付けて見るなど、言葉の壁も乗り越えて悲願を手にした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集