[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

121kg巨漢ルイス、元暫定王者を3度ダウン奪取で撃破 米興奮「電光石火のカウンター」

4日(日本時間5日)に米ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで開催されたボクシングのヘビー級12回戦で、世界同級元3団体統一王者のアンディ・ルイス(米国)が、元WBA同級暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)に3-0(113-112、114-111、114-111)の判定勝ち。3度のダウンを奪い、昨年5月の再起戦以来となる試合で勝利した。

オルティスに判定勝ちした世界同級元3団体統一王者のアンディ・ルイス【写真:Getty Images】
オルティスに判定勝ちした世界同級元3団体統一王者のアンディ・ルイス【写真:Getty Images】

ルイスが元WBA暫定王者オルティスに判定勝ち

 4日(日本時間5日)に米ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで開催されたボクシングのヘビー級12回戦で、世界同級元3団体統一王者のアンディ・ルイス(米国)が、元WBA同級暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)に3-0(113-112、114-111、114-111)の判定勝ち。3度のダウンを奪い、昨年5月の再起戦以来となる試合で勝利した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 体重120キロを超える巨漢ルイスが、12ラウンドの激闘の末に43歳オルティスを破った。まずは2回、カウンターの右でオルティスに膝をつかせるなど2度ダウンを奪取。7回には接近戦から右フックを浴びせて再び倒した。その後も猛攻を見せるシーンもあり、1年4か月ぶりの試合を勝利で飾った。

 前日計量では体重268.75ポンド(121.90キロ)だったルイス。2回に食らわせた強烈なカウンターを、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のボクシングの米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」専門ツイッターが公開。米ファンからは「良いカウンターだ」「立ち上がるとは思わなかった」「これはクレイジーな速さだ」「凄いな」「美しいタイミングだ」などと興奮の声が集まった。

 またツイッター上の米記者たちも反応。リング誌のパウンド・フォー・パウンド評議員を務めるアダム・アブラモウィッツ記者は「ルイスが電光石火のカウンターだ」と強烈な一発に注目。米スポーツ専門局「ESPN」のマイク・コッピンガー記者は「アンディ・ルイスが3-0判定勝ちの試合でルイス・オルテスから3度ダウンを奪った。スコアは113-112、114-111、114-111。堅実な勝利でパワーを披露したが、手数に関してはかなり保守的だった」と伝えた。

 一方、リング誌のダグラス・フィッシャー編集長は「オルティスは判定負けするだろうが、メインの挑戦者とは考えない人もいる中でヘビー級でまだできることを証明した」と43歳オルティスの奮闘を伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集