[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「……」 フィギュア13歳島田麻央、赤面したVインタビューに海外歓喜「可愛らしい」

フィギュアスケートのジュニア・グランプリシリーズ第2戦チェコ大会最終日は3日、オストラバで行われた・女子ショートプログラム(SP)首位発進の13歳・島田麻央(木下アカデミー)がフリーも1位の141.16点を出し、合計212.65点で初優勝。3回転アクセルを成功させた。国際スケート連盟(ISU)はインタビュー動画を公開。質問に対し「……」と沈黙する初々しい姿に対し、海外ファンも「マオ、可愛らしい」と注目した。

女子フィギュア、ジュニアGPチェコ大会で合計212.65点で初優勝した島田麻央【写真:Getty Images】
女子フィギュア、ジュニアGPチェコ大会で合計212.65点で初優勝した島田麻央【写真:Getty Images】

島田麻央が3A成功でジュニア・グランプリシリーズ初V

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリシリーズ第2戦チェコ大会最終日は3日、オストラバで行われた・女子ショートプログラム(SP)首位発進の13歳・島田麻央(木下アカデミー)がフリーも1位の141.16点を出し、合計212.65点で初優勝。3回転アクセルを成功させた。国際スケート連盟(ISU)はインタビュー動画を公開。質問に対し「……」と沈黙する初々しい姿に対し、海外ファンも「マオ、可愛らしい」と注目した。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 冒頭の3回転アクセルを決め、優勝した島田が赤面しながら質問に応えた。英語で話すインタビュアーに同じ名前の浅田真央さんからインスピレーションを受けたか問われ、隣で振付などを務めるキャシー・リード氏が通訳。しかし、島田は「……インスピレーション?」とわからなかったようだ。「一番好きなスケーター?」と聞き返され、無言で頷いた。

 その後も「今回4回転を失敗してしまったので、まだ点数の伸びしろがあるかなと思います」と慣れない様子で返答。ISUはインスタグラムとツイッターのフィギュア専門アカウントにインタビュー動画を公開した。

 文面に「マオ・シマダ、オストラバでのジュニア・グランプリで表彰台の一番上に上がり、マオ・アサダと同じ道を歩む!」と賛辞を込めて投稿。海外ファンから「マオ、可愛らしい」「この笑顔!」「イエス!彼女はマオ・アサダを思い出させる」と歓喜の声が上がった。ジュニア・グランプリデビュー戦で結果を残した13歳。今後の飛躍も期待される。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集