[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が吼えた!吼えた! 今季最多111球の熱投を米記者絶賛「また衝撃的な投球」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回6安打5奪三振で1失点だった。今季最多111球の粘投。米メディアは最後のアウトを奪った動画を公開した。吼えた二刀流に対し、米記者やメディアは「またしても衝撃的な投球」と絶賛した。

アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回1失点と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回1失点と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が8回6安打1失点

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、8回6安打5奪三振で1失点だった。今季最多111球の粘投。米メディアは最後のアウトを奪った動画を公開した。吼えた二刀流に対し、米記者やメディアは「またしても衝撃的な投球」と絶賛した。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が執念を見せた。1-1の8回2死二塁。この日111球目だった。外角スライダーを打たせると、打球は二塁後方へ。打ち上がった瞬間、大谷が吼えた。二飛を見届けると、ベンチに向かう途中でもう一度絶叫。捕手とグラブでタッチを交わした。

 米メディアが動画を公開。米記者も熱投をツイッターで速報した。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「今夜のショウヘイ・オオタニは8回111球。またしても衝撃的な投球。わずか1失点。スコアは1-1」と絶賛。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式は「ショウヘイ・オオタニが球界最高チームの一つ相手にインクレディブルな出来」と伝えた。

 米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するスポーツジャーナリストのサラ・ラングス氏は「ショウヘイ・オオタニを目撃できるのはどれほどラッキーなことなのでしょう?!」と興奮。米放送局「AT&Tスポーツネット」のレポーター、ジュリア・モラレス氏は「今夜のオオタニはベリー・グッド」とツイートしている。

 8回裏の攻撃で勝ち越しはならず、大谷に勝敗はつかなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集