[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュの156km剛球が球審直撃 米悲鳴「痛そう…君のせいじゃない」「マジか」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、敵地ドジャース戦に先発した。156キロの速球を捕手が後逸し、球審を直撃する悲劇が起こった。米投球分析家が動画を公開すると、米ファンからは「痛そう……あなたのせいじゃない」といった声が上がっている。

ドジャース戦に先発しているパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】
ドジャース戦に先発しているパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】

ダルビッシュが敵地ドジャース戦に先発

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、敵地ドジャース戦に先発した。156キロの速球を捕手が後逸し、球審を直撃する悲劇が起こった。米投球分析家が動画を公開すると、米ファンからは「痛そう……あなたのせいじゃない」といった声が上がっている。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 4-0の4回2死二塁。ダルビッシュは6番ガロを1-2と追い込んだ。4球目の97マイル(約156.1キロ)の直球でバットを振らせた。空振り三振かと思われたボールを捕手が取れず、アルフォンソ・マルケス球審の左胸付近を直撃した。左腕にも当たったようで、治療にあたるマルケス球審のもとに向かったダルビッシュは、グラブで軽く体を叩いて負傷を気遣った。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、ツイッターに動画を公開。「ユウ・ダルビッシュ、97マイルの速球(そしてアルフォンソ・マルケスに、サイン違いで異なる球種を投げたことを謝罪『すみません』)」と記した。米ファンは「痛そうね……ユウ、あなたのせいじゃないよ」「マジか」と悲鳴交じりのコメント。一方、判定がファウルになり、「これは三振だった」「奪三振だったのにマルケスはファウルの判定をした」などの声が上がった。

 その後もファウルで粘られたが、9球目のスライダーでガロから見逃し三振を奪い、無失点でしのいだ。5回には日米通算3000奪三振を達成し、5回までに2安打7奪三振無失点としている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集