[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

引退意向セリーナ「これは嬉し涙」 全米敗退で感謝「パパ、ママ、ビーナスありがとう」

テニスの全米オープン第5日が2日(日本時間3日)、ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、現役引退の意向を示唆していた元世界1位セリーナ・ウィリアムズ(米国)が女子シングルス3回戦で敗退した。世界ランク46位のA・トムリャノビッチ(オーストラリア)に5-7、7-6、1-6で敗戦。試合後は「これは嬉し涙よ」と涙を流した。

全米OP3回戦に出場したセリーナ・ウィリアムズ【写真:ロイター】
全米OP3回戦に出場したセリーナ・ウィリアムズ【写真:ロイター】

セリーナが3回戦敗退

 テニスの全米オープン第5日が2日(日本時間3日)、ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、現役引退の意向を示唆していた元世界1位セリーナ・ウィリアムズ(米国)が女子シングルス3回戦で敗退した。世界ランク46位のA・トムリャノビッチ(オーストラリア)に5-7、7-6、1-6で敗戦。試合後は「これは嬉し涙よ」と涙を流した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 セリーナが感無量だった。第1セットを先取されたものの、第2セットはタイブレイクの末に奪い返した。強力なサーブなどで相手に対抗。しかし、最終セットで力尽きた。スタンディングオベーションに応えたかつての最強女王。大会公式ツイッターはインタビュー動画を公開。涙を拭いながらこう語っている。

「オーマイガー。皆さんは今日、本当に素晴らしかったです。頑張りましたが、及びませんでした。ありがとう、パパ。見てるのはわかってるわよ。ママ、ありがとう。ここにいる全ての人が数十年にわたって私を応援してくれた。本当に数十年ね。でも、全ては私の両親から始まりました。彼らは全てに値するし、感謝の気持ちでいっぱいです。これは嬉し涙よ。きっとね。わからないけど。ビーナスがいなければ私はセリーナにはなれなかった。ありがとう、ビーナス」

 4大大会シングルス23勝、WTAツアー通算73勝を誇るレジェンドに惜しみない拍手が送られた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集