[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで画面表示の「○」をバグらせた超ワンバン投球に米笑撃「はい、確かに弾んだが…」

米大リーグで投球表示を“バグらせた”ワンバウンド投球が話題となっている。20日(日本時間21日)にカブスがブルワーズを本拠地に迎えた一戦。カブス先発のマーカス・ストローマン投球が投じた一球に米投球分析家は投球追跡は「おかしくなるほどではないが」と注目している。

カブス先発マーカス・ストローマンのワンバウンド投球が話題を呼んでいる【写真:ロイター】
カブス先発マーカス・ストローマンのワンバウンド投球が話題を呼んでいる【写真:ロイター】

カブスのストローマンが投じた一球とは

 米大リーグで投球表示を“バグらせた”ワンバウンド投球が話題となっている。20日(日本時間21日)にカブスがブルワーズを本拠地に迎えた一戦。カブス先発のマーカス・ストローマン投球が投じた一球に米投球分析家は投球追跡は「おかしくなるほどではないが」と注目している。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 追跡不能の一球だった。カブスが2-1で迎えた8回1死走者なしの守備。右打席には代打のケストン・ヒウラが入った。カウント1-2からの4球目。ストローマンが投じた変化球は引っかかったのか、本塁の遥か手前でワンバウンドし、捕手のコントレラスがキャッチした。

 問題はこの後だった。通常は、ストライクゾーン近辺に表示される投球の本塁通過位置の「○」印が、なんとストローマンの足元のマウンド付近に表示。球速のマイルを表す数字「81」(約130キロ)とともに中継画面に映し出されたのである。

 まさかの“バグ”に米投球分析家も注目している。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏は、実際の映像を自身のツイッターに投稿。笑いの絵文字付きで「はい、確かにバウンドしました。でも、投球追跡はおかしくなるほどではないのですが」と笑撃を記した。

 この投球に米ファンも反応。コメント欄には「それでも(捕手の)コントラレスがフレーミングしているのウケる」「三振だと騙そうとしたね」「笑」などの声が寄せられ、さも際どいボールかのように振る舞ったバッテリーにツッコミが入っていた。

 この試合に「4番・右翼」で先発出場した鈴木誠也外野手は5打数1安打で今季7個目の盗塁を決めている。カブスは延長11回の末に6-5で逆転サヨナラ勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集