[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ジョコビッチ2回戦敗退の衝撃 全豪OP史上に残る5大波乱をメディアが特集

ジョコビッチ2回戦敗退の衝撃 全豪OP史上に残る5大波乱をメディアが特集

前回覇者でもあるジョコビッチが受けたジャイアントキリングは、世界中に大きな波紋を呼んだ。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」アジア電子版では「全豪オープン王者の早期敗退トップ5」という特集を展開。「12度のグランドスラム王者は斜陽を迎えたのか、議論が白熱するだろう」と報じ、ジョコビッチ敗退のインパクトの大きさを伝えている。

20170121_djokovic

1988年に全豪含むグランドスラム3冠を達成したビランデルは…

 現在開催中のテニス全豪オープンでは、19日に行われた男子シングルス2回戦で世界ランキング2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が同117位のデニス・イストミン(ウズベキスタン)に敗れるという衝撃のニュースが駆け巡った。

 この大会では過去6度優勝し、前回覇者でもあるジョコビッチが受けたジャイアントキリングは、世界中に大きな波紋を呼んだ。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」アジア電子版では「全豪オープン王者の早期敗退トップ5」という特集を展開。「12度のグランドスラム王者は斜陽を迎えたのか、議論が白熱するだろう」と報じ、ジョコビッチ敗退のインパクトの大きさを伝えている。

 全豪オープン史を飾る大番狂わせのトップに登場したのは、昨年12月までジョコビッチとコーチ契約を結んでいたドイツのスーパースター、ボリス・ベッカー氏。1991年と96年大会の王者だったベッカー氏は97年1回戦でスペインのカルロス・モヤ相手に敗退。92年大会もジョン・マッケンローに3回戦で破れ、全豪においてはディフェンディングチャンピオンの威光を示すことができなかったという。

 続いては、スウェーデンの名手、マッツ・ビランデル氏の登場だ。1988年に全豪オープンを含むグランドスラム3冠を達成したが、翌年の全豪は2回戦でノーシードのラメシュ・クリシュナンに敗北。「ここからビランデルの凋落が始まり、この後はメジャータイトルを新たに獲得することはなかった」と、早期敗退の打撃を振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー