[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

男子マラソン、日本人歴代最速タイムでも13位 西山雄介が悔しさ露わ「世界の壁は高い」【世界陸上】

オレゴン世界陸上は17日、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子マラソンでは、西山雄介(トヨタ自動車)は日本人として大会歴代最速の2時間08分35秒で13位、星岳(コニカミノルタ)は2時間13分44秒の38位。初出場の2人はオレゴンの地を駆け抜けた。優勝は2時間05分36秒のタミラト・トラ(エチオピア)。

世界陸上、男子マラソンで13位だった西山雄介【写真:Getty Images】
世界陸上、男子マラソンで13位だった西山雄介【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は17日、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子マラソンでは、西山雄介(トヨタ自動車)は日本人として大会歴代最速の2時間08分35秒で13位、星岳(コニカミノルタ)は2時間13分44秒の38位。初出場の2人はオレゴンの地を駆け抜けた。優勝は2時間05分36秒のタミラト・トラ(エチオピア)。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 幅5メートルほどの狭い箇所もある森の中のコース。集団から横にはみ出し、舗装されていない草の上を走る選手もいるほどだった。日本勢の2人は20キロ手前までくらいついたが、徐々に縦長になる先頭集団。中間地点までは粘った。しかし、星が30キロ手前から遅れ始め、西山も33キロ地点で15秒差をつけられた。

 日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)は直前に新型コロナウイルス陽性で欠場。西山は世界陸上の日本人歴代最速タイムだった。しかし、世界に及ばずレース後は「率直に世界の壁は高い。(全体のペースは)最初から遅かったので、30キロのペースアップはわかっていた。前で構えていようと意識していたけど、アップダウンのところでペースの上げ下げがあって、足を使って対応できなかった。足に来ていた。悔しいに尽きます」と振り返った。

 それでも、調整期間については「練習でやるべきことをしっかりやってきて、ほぼパーフェクト。練習でも最後の落ち込みとかもなかった。そこは出せた。今までにない準備をできた」と納得。「ペースの上げ下げを世界の舞台で経験できたのは今後に繋がる」と糧にする。

 初の日本代表となった星は「世界陸上の舞台はペースメーカーがつかない。そこで対応できる力がなかった。楽しむ余裕はなかった」と肩を落とした。「積極的かつうまく走ることを後半に意識していた」と振り返り、周回コースについて「2周目が終わる直前の上りで足を使った」と明かした。

 5月から米国での高地トレーニングを経て現地入り。「日本でも勝ち続ける力が足りない。今回のレースにあたって初めて海外合宿に取り組んだ。そういうところは次に繋がる」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集