[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2度の接触→転倒&転倒寸前→銀メダル ケニア選手が男子1万mで異次元の追い上げ【世界陸上】

オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子1万メートル決勝では、スタンリーワイサカ・ムブル(ケニア)が 27分27秒90で銀メダル。接触による転倒&転倒寸前と2度のハプニングがありながら異次元の追い上げを見せた。優勝は27分27秒43のジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)。

男子1万メートルのゴール後、金メダルのチェプテゲイとともに国旗を掲げるムブル(左)【写真:ロイター】
男子1万メートルのゴール後、金メダルのチェプテゲイとともに国旗を掲げるムブル(左)【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子1万メートル決勝では、スタンリーワイサカ・ムブル(ケニア)が 27分27秒90で銀メダル。接触による転倒&転倒寸前と2度のハプニングがありながら異次元の追い上げを見せた。優勝は27分27秒43のジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 開始早々だった。1周目の終盤。中段外側に位置したムブルは前後の選手と足が接触したようで、前のめりに転倒。腹ばいになった。しかし、すぐに起き上がってレースに復帰。ペースを上げて元の位置まで追いついた。しかし、4周目に入る際に再び他の選手と足が接触し、つまずいた。なんとか堪えて転倒を回避したが、大きくリズムを崩された。

 それでも、先頭集団にくらいつき、上位争いを演じた。その後も激しい位置取りを展開。9000メートル手前でグイグイを前に出ると、ついにトップに立った。3番手でラスト1周。アフリカ勢同士の猛ダッシュが展開され、最後は一人を追い抜いて2位に入った。

 タイムは今季ベストをマーク。フィニッシュ直後は国旗を背中に巻き、他2人のメダリストと抱き合って健闘を称えた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集