[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで起きた“奇跡の二塁打”に米ファン目を疑う 打球の行方は「フェイク映像かと…」

米大リーグで“奇跡の二塁打”が生まれた。左翼フェンスに直撃した打球はクッションの角に挟まり、跳ね返って来ず。打球処理を試みた左翼手もお手上げの一打に、我が目を疑った米ファンからは「まるで手で置いたみたい」「フェイク映像かと思った」などの声が寄せられている。

ガーディアンズのルーク・メーリ【写真:Getty Images】
ガーディアンズのルーク・メーリ【写真:Getty Images】

「ニューヨーク・ポスト」も「ボールがフェンスの上で静止した」と紹介

 米大リーグで“奇跡の二塁打”が生まれた。左翼フェンスに直撃した打球はクッションの角に挟まり、跳ね返って来ず。打球処理を試みた左翼手もお手上げの一打に、我が目を疑った米ファンからは「まるで手で置いたみたい」「フェイク映像かと思った」などの声が寄せられている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 9日(日本時間10日)、ガーディアンズが敵地に乗り込んだロイヤルズ戦の一コマ。8回1死一塁でルーク・メーリが左翼に高々と打ち上げた打球はフェンス最上部に直撃。しかし、そのまま弾んでオーバーフェンスするわけでも、跳ね返ってくるわけでもない。クッション性があり、段差のある角にちょうど挟まってしまったのである。これには左翼手も両手を挙げて困った様子だ。

 米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターは「野球は実に奇妙なもの」と記して、実際の映像を公開した。グラウンドルールが適用されて二塁打となったが、まさかの光景に米ファンからは「投手が粘着物質を使っていなかったか調べて」「まるで手で置いたみたい」「これはエンタイトル・ツーベースになるのかな?」「フェイク映像かと思った」など爆笑と驚愕の声が寄せられている。

 米紙「ニューヨーク・ポスト」も「ルーク・メーリのほぼホームランがフェンス上部に突き刺さる」と見出しを打って記事を掲載。「これまで見たこともなかったようなことが起きた。野球のボールがフェンスの上で静止した」と紹介している。試合はガーディアンズが13-1で大勝した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集