[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

澤村拓一の見逃し三振判定にヤンキース監督が激怒&退場 NYファンも「最悪の判定だ」

米大リーグのレッドソックス・澤村拓一投手が10日(日本時間11日)、本拠地ヤンキース戦に3番手で登板。2イニング完全救援を演じたが、澤村が奪った見逃し三振への判定に抗議したヤンキースのアーロン・ブーン監督が退場になる場面があった。

抗議するヤンキースのアーロン・ブーン監督【写真:ロイター】
抗議するヤンキースのアーロン・ブーン監督【写真:ロイター】

7回2死、スタントンが見逃し三振に倒れた際どい判定に猛抗議

 米大リーグのレッドソックス・澤村拓一投手が10日(日本時間11日)、本拠地ヤンキース戦に3番手で登板。2イニング完全救援を演じたが、澤村が奪った見逃し三振への判定に抗議したヤンキースのアーロン・ブーン監督が退場になる場面があった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ブーン監督の不満が爆発した。6回から登板した澤村が回を跨ぎ、レッドソックスの7-6リードで迎えた7回2死、カウント2-2と追い込んで右打者スタントンの内角高めに速球を投げ込んだ。スタントンはやや上体を反るようにして見送ったが、球審は迷わずストライクのコール。判定に驚いたのか、スタントンは思わずバットを折ろうとする仕草を見せ、なんとか踏みとどまった。しかし、指揮官は納得がいかなかった。

 ブーン監督はベンチから激しいジェスチャーで球審に抗議。今日で微妙判定が6回目というジェスチャーなのか、指で「6」の数字を作ると、すぐさま退場が宣告された。すると、ベンチを飛び出して球審に詰め寄り、激しい剣幕で言葉を浴びせていたが、判定が覆ることはなかった。

 ESPNの「サンデーナイト・ベースボール」で全米中継される注目の一戦。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ヤンクス」公式ツイッターが実際の投球を紹介すると、納得がいかないヤンキースファンからも「とんでもない判定」「今まで見た中で最悪の判定だ」「この3球は際どくすらない。ありえない」「これを解決できるのはロボット審判だけ」「これじゃヤンキースも勝ち目がない」と球審の判定に厳しい声を上げていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集