[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフも異例の6月酷暑に選手はフラフラ 稲見萌寧「最後3ホールはいつ倒れても…」

国内女子ゴルフツアーの資生堂レディスが30日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で開幕した。稲見萌寧(Rakuten)は、5バーディー、ボギーなしの67で5アンダー。首位に2打差の4位につけた。実力通りに安定感のあるプレーだったが、酷暑でグッタリ。疲れ切った表情で「最後の3ホールは倒れてもおかしくなかった」と振り返った。

資生堂レディス初日、5アンダーと好発進した稲見萌寧【写真:Getty Images】
資生堂レディス初日、5アンダーと好発進した稲見萌寧【写真:Getty Images】

資生堂レディス初日

 国内女子ゴルフツアーの資生堂レディスが30日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で開幕した。稲見萌寧(Rakuten)は、5バーディー、ボギーなしの67で5アンダー。首位に2打差の4位につけた。実力通りに安定感のあるプレーだったが、酷暑でグッタリ。疲れ切った表情で「最後の3ホールは倒れてもおかしくなかった」と振り返った。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 午前中にホールアウトした稲見は、クタクタになっていた。会見場に入ると、「めちゃくちゃしんどいです」と第一声。続けて「日陰に入ったり、傘をずっとさしていたり、ヤードエージブックで扇いだりしましたが、最後の3ホールはいつ倒れてもおかしくなかったです」と振り返った。

 気温33.9度。高湿度でまとわりつくような空気の中、稲見は「体がだるい」と感じながら、バーディーを重ねた。気を付けたのは、打つ前にスローな動きでスイング軌道を確認するなどの、「ルーティンを守ること」だったという。それでも、「ショットは良くなかった」と言い、「最近はパッティングがいいので何とかなりました」と説明した。

 いつもの稲見なら、ラウンド後も納得するまで練習を続けるが、この酷暑での長丁場を考えて、「なるべく早く(練習を)終わらせ、明日のために体力を温存します。水風呂に足をつけたいです」と言った。第2日は午前11時50分スタート。暑さとの闘いはより厳しいものになる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集