[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

67好発進の吉田優利、今大会に燃える“コスメ番長”ならではの理由「使ってみたいな~」

国内女子ゴルフツアーの資生堂レディスが30日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で開幕した。ツアー2勝の吉田優利(エプソン)が5バーディー、ボギーなしの67で5アンダー。首位に2打差の4位につけた。美意識が高く“コスメ番長”と呼ばれる22歳。優勝の副賞「資生堂化粧品100万円分」にもテンションを上げており、暑さ対策もしながら頂点を目指す。

資生堂レディス初日、67好発進した吉田優利【写真:柳田通斉】
資生堂レディス初日、67好発進した吉田優利【写真:柳田通斉】

資生堂レディス初日

 国内女子ゴルフツアーの資生堂レディスが30日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で開幕した。ツアー2勝の吉田優利(エプソン)が5バーディー、ボギーなしの67で5アンダー。首位に2打差の4位につけた。美意識が高く“コスメ番長”と呼ばれる22歳。優勝の副賞「資生堂化粧品100万円分」にもテンションを上げており、暑さ対策もしながら頂点を目指す。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最終18番パー4。吉田は5メートルのバーディーパットを外すも、ギャラリーの声援に笑顔を返した。気温33.9度の中でも、疲れた表情は見せないままのフィニッシュ。会見では、ボギーなしのラウンドに手応えを口にした。

「今日はショットが安定していましたし、パッティングが思った通りに打ち出せました」

 暑さで選手たちは体力を消耗しているが、吉田は平然としたままで、「去年から体力的には問題なくなりましたから」と言った。理由はトレーニングの地道な継続だった。

「3年計画で体を作っていて、今年はトレーナーさんに帯同してもらって、朝と晩に毎日、1時間ずつトレーニングをしています。朝は体幹を中心にした同じ内容をルーティンにしています」

 暑さ対策は、水分、栄養補給と日傘をさし続け、日陰に入ること。その上で、バッグに忍ばせた口紅をまめに塗るなど、「美」は意識し続けている。大会のテーマ「強く、美しく、輝くとき。」を実践している22歳は、優勝の副賞「アネッサなどの資生堂化粧品」にもテンションを上げている。

「資生堂さんは、いっぱいブランドがありますし、勝てたらうれしいですね。(28日の)前夜祭では、たくさんのメイク道具があって、『使ってみたいな~』と思って見ていました。でも、まずは優勝するまでの過程を大切にしたいです」

 前週の22日には、千葉県出身のプロゴルファーとして、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ―西武戦の始球式を経験。先発した佐々木朗希投手の剛速球も見て刺激を受けたという。

「野球もフィジカルが大事だと感じました。佐々木投手はすでにスーパースターですし、これからも『すごく応援したいな』と思いました」

 吉田自身も目標は高く、「細胞レベルを考えると、24歳までに体を大きくして世界クラスにしたい」と言った。美意識もさらに高めつつ、どん欲に強さを求めていく。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集