[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「Wソックス打線を圧倒」 7勝&11Kに敵地メディアも称賛「MVPらしい活躍」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6回途中5安打無失点、11奪三振の力投で7勝目をマークした。6月はこれで4勝目。チームを4-1の勝利に導いたが、敵地メディアも「オオタニがソックス打線を圧倒」と脱帽している。

ホワイトソックス戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ホワイトソックス戦で6回途中無失点、今季7勝目をマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ホワイトソックス戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。6回途中5安打無失点、11奪三振の力投で7勝目をマークした。6月はこれで4勝目。チームを4-1の勝利に導いたが、敵地メディアも「オオタニがソックス打線を圧倒」と脱帽している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷が粘りの投球で今季7勝目を挙げた。初回は3つのアウトを全て三振で奪うなど、13奪三振を記録した前回登板に続いて奪三振ショーを展開。球数を要したため5回2/3で降板したが、5安打無失点、108球を投げ抜いて11の三振を奪った。

 米イリノイ州地元局「NBCスポーツ・シカゴ」は試合後、「オオタニがソックス打線を圧倒」との見出しで記事を公開。「オオタニは現在、最もワクワクさせる選手かもしれない。それは二刀流だからだけでなく、両方でエリート級だからだ」と称賛した。

 前日は17号ソロを含む3安打2打点と、打者としても力を見せつけた。一夜明けのこの日は投手として勝利に貢献。記事では「彼は水曜日(29日)のシリーズ最終戦でマウンドに上り、MVPらしい活躍を見せた」と昨季MVPの実力を称えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集