[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子、3年ぶり開催の国別対抗戦は2位 上田澪空「海外選手のゴルフは規模大きい」【トヨタジュニアゴルフW杯】

トヨタジュニアゴルフW杯最終日が24日、三重・白山ヴィレッジGC(男子7018ヤード、女子6358ヤード、ともにパー72)で開催された。男子7か国、女子6か国の大学生を除く18歳以下の代表による3年ぶり開催の国別対抗戦。3日間大会で日々、3人中上位2人のスコアを採用する女子では、日本が通算8アンダーの2位となった。大会3連覇は逃し、選手たちは「悔しい」「課題が見つかった」などと話した。大会を制したのは通算15アンダーのスペインで、日本に7打差をつける圧勝での初優勝となった。

表彰台に並んだ(左から)徳永歩、上田澪空、手塚彩馨【写真:柳田通斉】
表彰台に並んだ(左から)徳永歩、上田澪空、手塚彩馨【写真:柳田通斉】

国別対抗戦最終日、日本女子は上田澪空の3位が最高

 トヨタジュニアゴルフW杯最終日が24日、三重・白山ヴィレッジGC(男子7018ヤード、女子6358ヤード、ともにパー72)で開催された。男子7か国、女子6か国の大学生を除く18歳以下の代表による3年ぶり開催の国別対抗戦。3日間大会で日々、3人中上位2人のスコアを採用する女子では、日本が通算8アンダーの2位となった。大会3連覇は逃し、選手たちは「悔しい」「課題が見つかった」などと話した。大会を制したのは通算15アンダーのスペインで、日本に7打差をつける圧勝での初優勝となった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 最終18番パー5。上田澪空(みく、東京・共立女子第二高2年)は、上り4メートルのバーディーパットを左に外し、天を仰いだ。

「めっちゃ、入れたかったです。まっすぐと読んで狙い通りに打てましたが、最後にグイッと左に曲がりました」

 初日72、第2日70、最終日69と個人でも3位。今季国内女子ツアー・ヤマハレディース葛城で5位に入った実力を発揮したが、「海外の選手はラフからでもピンを刺してくるし、規模の大きいゴルフをしていました」と感心。その上で「自分もアプローチのバリエーションを増やしたり、ショットの精度を高めていきたいです」と課題を口にした。

 2年以上にわたるコロナ禍で、選手たちにとっては初の国際大会。徳永歩(滋賀・ECC学園高2年)は「今日は話しながらラウンドができて、それが楽しかったです。みんな柔らかいアプローチができていて、勉強になりました。ただ、個人も団体も優勝を目指していたので、悔しかったです」と実感を込めた。

 第2日に69をマークした手塚彩馨(長野・佐久長聖高2年)は、この日は73。チームに貢献できなかったことを悔やみながら、「(同組の)スペイン人選手のショットがすごすぎて見とれていました。スイングのリズムが常に同じ参考になりました」と話した。

 悔しさも感じながらも収穫を得た3人。今後の目標については、「日本女子オープンの予選会に通って、本大会でローアマになることです」と口をそろえた。

【女子団体戦・最終成績】
 1位:スペイン(-15)
 2位:日本(-8)
 3位:カナダ(-7)
 4位:コロンビア(-2)
 5位:南アフリカ(+1)
 6位:メキシコ(+2)

【女子個人戦・最終成績】
 1位:アンドレア・レポルタ・ゴイコェチア(-7、スペイン)
 1位:カヤタナ・フェルンナンデ・ポッジオ(-7、スペイン)
 3位:上田澪空(-5)
 9位:徳永歩(+2)
 13位:手塚彩馨(+3)

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集