[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本男子は2打及ばず2位 15歳・松井琳空海が奮闘も「悔しい…気持ちの面が違う」【トヨタジュニアゴルフW杯】

トヨタジュニアゴルフW杯最終日が24日、三重・白山ヴィレッジGC(男子7018ヤード、女子6358ヤード、ともにパー72)で開催された。男子7か国、女子6か国の大学生を除く18歳以下の代表による3年ぶり開催の国別対抗戦。3日間大会で日々、4人中上位3人のスコアを採用する男子では、日本が通算26アンダーの2位となった。大会を制したのは通算28アンダーのカナダで、日本に2打差をつけての初優勝となった。

表彰台に並んだ(左から)古川創大、大嶋港、高田圭一郎、松井琳空海【写真:柳田通斉】
表彰台に並んだ(左から)古川創大、大嶋港、高田圭一郎、松井琳空海【写真:柳田通斉】

国別対抗戦最終日、男子個人は大嶋港&松井琳空海が2位

 トヨタジュニアゴルフW杯最終日が24日、三重・白山ヴィレッジGC(男子7018ヤード、女子6358ヤード、ともにパー72)で開催された。男子7か国、女子6か国の大学生を除く18歳以下の代表による3年ぶり開催の国別対抗戦。3日間大会で日々、4人中上位3人のスコアを採用する男子では、日本が通算26アンダーの2位となった。大会を制したのは通算28アンダーのカナダで、日本に2打差をつけての初優勝となった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 最終18番パー5。1メートルのバーディーパットを決めた松井琳空海(りうら、香川西高1年)に、笑顔はなかった。目指していた団体優勝を逃したことを悟り、淡々とホールアウトして同組選手と握手を交わした。出迎えた他の日本代表選手から「お疲れ様」と声を掛けられた時だけは、ニコリと笑顔。取材陣に囲まれると「悔しい」と繰り返した。

 第2日を終えて、日本はカナダに3打差の通算18アンダーでスタートした。松井は個人でも首位に4打差の3位から出て、1番パー4で第1打を放った直後は「やりますよ~」とつぶやいていた。

 気合の通り、1番パー4、2番パー5で連続バーディー。4番パー3でもスコアを伸ばした。だが、9番パー4で3パットのボギー。後半は10番パー4、13番パー4でバーディーを奪うも、14番パー5、15番パー4を連続ボギーにし、「あれで流れが変わりました。それまでは、(優勝した)スウェーデンの選手(アルバート・ハンソン)に3打差につけていたんですけど」と振り返った。

 松井は全国中学選手権春季大会を2連覇し、高1ながら日本代表に選ばれた。女子も含めてチーム最年少で、「他にも出たい選手がいる中、選んでいただいて関係者の皆様に感謝しています」。その上で「ショットの精度は、(国際大会でも)通用すると感じました。ただ、今日はスウェーデンの選手がいいゴルフをしていて強かった。気持ちの面が違う」と分析した。

 狙っていた団体、個人の優勝は逃したが、初日に65をマークして首位に立つなど、大器を感じさせる15歳。かつては松山英樹らも出場した同大会については「来年も出て優勝を勝ち取りたいです」と言葉に力を込めた。

【男子団体戦・最終成績】
 1位:カナダ(-28)
 2位:日本(-26)
 3位:スウェーデン(-24)
 4位:南アフリカ(-14)
 5位:イタリア(-13)
 6位:メキシコ(-11)
 7位:チリ(-3)

【男子個人戦・最終成績】
 1位:アルバート・ハンソン(-15、スウェーデン)
 2位:大嶋港(-9)
 2位:松井琳空海(-9)
 17位:高田圭一郎(-2)
 21位:古川創大(0)

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集