[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新人・佐藤心結が自己新「64」単独首位 7連続予選落ちの苦悩「宮里藍さんに救われた」

国内女子ゴルフツアーのニチレイレディスが17日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で開幕した。ルーキーの佐藤心結(ニトリ)は、1イーグル、7バーディー、1ボギーの64で8アンダーの単独首位に立った。プロデビュー6戦目から7試合連続予選落ちと壁に当たり、一時はゴルフ自体が嫌になった。「何を食べてもおいしくなかった」と振り返るが、憧れの宮里藍から「魔法はないよ」と言葉をかけられ、目の前が開けたことを明かした。

ニチレイレディス初日に、自己ベスト「64」をマークした佐藤心結【写真:Getty Images】
ニチレイレディス初日に、自己ベスト「64」をマークした佐藤心結【写真:Getty Images】

ニチレイレディス初日

 国内女子ゴルフツアーのニチレイレディスが17日、千葉・袖ヶ浦CC新袖C(6563ヤード、パー72)で開幕した。ルーキーの佐藤心結(ニトリ)は、1イーグル、7バーディー、1ボギーの64で8アンダーの単独首位に立った。プロデビュー6戦目から7試合連続予選落ちと壁に当たり、一時はゴルフ自体が嫌になった。「何を食べてもおいしくなかった」と振り返るが、憧れの宮里藍から「魔法はないよ」と言葉をかけられ、目の前が開けたことを明かした。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ルーキーの佐藤が、スランプを乗り越えてゾーンに入った。1番パー5では、残り225ヤードから3ウッドを放ってピン手前5メートルに2オン。迷いのないストロークでイーグルを奪った。続く2番パー4では、12メートルのパットをジャストタッチで決めてバーディー。「これで波に乗った」と、その後も4バーディーを重ねた。最終9番でもスコアを伸ばせば、2019年大会第2日の田中瑞希に並ぶ大会レコードだったが、パーで64。それでも、佐藤は会見で胸を張った。

「自己ベストを2つ更新しました。後半はスコアのことを気にせず、一打に集中できました。こういうのを『ゾーンに入った』と言うんだなと思いました」

 昨年10月のスタンレーレディスでプレーオフに進出。渋野日向子に敗れて2位に終わったが、270ヤード超のドライバーショットと高弾道のアイアンショットで一躍注目された。その後、最終プロテスト合格、ツアー最終予選会(QT)11位と順調に歩み、今季開幕戦でプロデビュー戦のダイキンオーキッドレディスで13位に入った。

 ただ、その後はアプローチで苦戦。第6戦の富士フイルム・スタジオアリス女子オープンからは、ショットが左右に曲がり始め、7試合連続予選落ちの苦悩を経験した。佐藤は「落ち込み過ぎて、何を食べてもおいしくなかった」と振り返ったが、7試合目のブリヂストンレディスの練習日、会場を訪れていた宮里藍に「救われた」という。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集