[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、PFPでついに5傑入り! 海外メディア「マクドネル戦の勝利で昇格」

ボクシングで日本人最速の3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。海外メディアが公開した全17階級のボクサーの実力を格付けする「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版で堂々の5位に選出。ついに世界5傑入りを果たした。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

海外の専門メディアが設定したPFPでトップ5入り、マクドネル戦前から1ランクアップ

 ボクシングで日本人最速の3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。海外メディアが公開した全17階級のボクサーの実力を格付けする「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版で堂々の5位に選出。ついに世界5傑入りを果たした。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 PFPの最新版を発表したのは海外ボクシング専門メディア「ワールド・ボクシング・ニュース」だった。公式ツイッターでは「ナオヤ・イノウエはジェイミー・マクドネル戦の破壊的な勝利で、3階級世界王者就任に伴い、パウンド・フォー・パウンドで5位に昇格」と伝えている。

 井上はマクドネル戦前の段階で6位という評価だったが、112秒の衝撃で、順位をさらに1つ上げた。

 1位は5月12日のWBAライト級タイトルマッチでホルヘ・リナレス(帝拳)を10回TKOで破り史上最速となる12戦目で3階級制覇したワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集