[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、“11秒KO男”陣営が早くも白旗!? 「テテは金曜日まで優勝候補だった」

井上尚弥、“11秒KO男”陣営が早くも白旗!? 「テテは金曜日まで優勝候補だった」

ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチで王者ジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ちを収め、3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。第2回となるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の大会参戦を表明しているが、同じく参戦が決定しているWBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)のトレーナーはマクドネル戦の衝撃から井上を優勝候補筆頭に挙げている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

WBO王者テテのトレーナーが井上を優勝候補筆頭に

 ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチで王者ジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ちを収め、3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。第2回となるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の大会参戦を表明しているが、同じく参戦が決定しているWBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)のトレーナーはマクドネル戦の衝撃から井上を優勝候補筆頭に挙げている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

「The Monster」が残した112秒の衝撃は、高額賞金のWBSSで覇権を争うライバル陣営をも震撼させていた。

「テテは金曜日まで(WBSS)優勝候補だった」

 同メディアに対し、こう語っているのはテテのトレーナーのコリン・ネイサン氏。昨年11月にWBO世界バンタム級1位のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトルマッチ史上最速の11秒KO勝ちを収め、ボクシング界を驚かせたテテだが、25日をもって、WBSSの優勝候補ではなくなったのだという。

 金曜日に一体何が起きたのか……。それは井上の圧巻の3階級制覇劇だった。記事では「彼はマクドネルを最初のショットで打ち砕いた。左フックで凍りつかせると、ボディショットで崩れ落ちた」と圧巻の強さを振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー