[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、大アウェーの“179分の死闘”に大会公式称賛「ケイが脅威として帰ってきた」

錦織、大アウェーの“179分の死闘”に大会公式称賛「ケイが脅威として帰ってきた」

テニスの全仏オープンは30日、男子シングルス2回戦で錦織圭(日清食品)は6-3、2-6、4-6、6-2、6-3のフルセットで世界ランク51位のブノワ・ペール(フランス)を下し、3回戦進出。大アウェーの中で地元選手を下した瞬間を大会公式ツイッターが動画付きで紹介するなど、2時間59分の死闘となったが、大会公式サイトでは「グランドスラムの舞台に脅威として帰って来た」などと賛辞を送っている。

全仏オープン2回戦で対戦した錦織圭とブノワ・ペール【写真:Getty Images】
全仏オープン2回戦で対戦した錦織圭とブノワ・ペール【写真:Getty Images】

地元ペールとフルセット激戦も逆転勝ち、大会公式サイトも賛辞

 テニスの全仏オープンは30日、男子シングルス2回戦で錦織圭(日清食品)は6-3、2-6、4-6、6-2、6-3のフルセットで世界ランク51位のブノワ・ペール(フランス)を下し、3回戦進出。大アウェーの中で地元選手を下した瞬間を大会公式ツイッターが動画付きで紹介するなど、2時間59分の死闘となったが、大会公式サイトでは「グランドスラムの舞台に脅威として帰って来た」などと賛辞を送っている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 錦織が大アウェーの中で意地を見せた。第2、3セットを落とし、1-2と崖っぷちに追い込まれながら、第4、5セットを連取して逆転勝ち。地元のペールがポイントを取ると観客が沸き上がったが、試合終了の瞬間、死闘を制した日本のエースに対してもスタンディングオベーション。勝者の錦織の名前がコールされると、一段と大きな喝采が送られた。

 大会公式ツイッターは動画付きで、その模様を紹介するほど大注目となった一戦。大会公式サイトも「見事なペールを錦織圭が破る」と見出しを打って特集している。

「怪我に悩まされた6か月間からゆっくりと、しかし、着実に勢いを保ち、元世界ランク4位の錦織圭がグランドスラムの舞台に脅威として帰ってきたことを示した」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー