[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、800mもトップで決勝進出 1500mに続く世界陸上代表へ「最後まで狙いたい」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子800メートル予選では、22歳の田中希実(豊田自動織機)が2分4秒13の組1着、全体1番手で決勝に進出。12日は同種目と5000メートルで決勝を予定し、1500メートルに続く2つ目の世陸切符獲得を狙う。

2分4秒13を記録して決勝進出を決めた田中希実【写真:奥井隆史】
2分4秒13を記録して決勝進出を決めた田中希実【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子800メートル予選では、22歳の田中希実(豊田自動織機)が2分4秒13の組1着、全体1番手で決勝に進出。12日は同種目と5000メートルで決勝を予定し、1500メートルに続く2つ目の世陸切符獲得を狙う。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 田中はスタート直後はスローペースで展開。最後方から直線で前に出ると、ラスト1周はぶっちぎった。自己ベスト2分02秒36で参加標準記録1分59秒50を切るのは難しい、がワールドランキングで代表入りを見据えた種目。日本選手権の上位ならポイントを多く上積みされるため「もう少し(ワールドランキングの)上位にいかないと権利を得られない。予選から攻めた走りをしようと思っていたけど、中途半端だった」と語り、こう続けた。

「昨日、1500メートルでしっかり権利を獲ったことで気持ちは上向いた。コンディションは悪くないです。会心のスパートはできなかったけど、完全に止まることはなく疲労がある中で動かせた。予選から中途半端でラストに必死さがない。必死になって動かす方がよかった気もするけど、まだ自分の中で2分3秒が当たり前に出せる力がない」

 10日は1500メートルで3連覇し、東京五輪で日本人初の8位入賞を果たした種目で世界陸上の代表内定。5000メートルは参加標準記録を突破済みだが、800メートルの1分59秒50は切っていない。ともに同記録を突破した上で決勝で3位以内に入れば即内定となる。12日の両種目決勝のレース間隔は1時間ほどしかないタフなスケジュールだ。

「明日の決勝をどう走るか、コーチと相談して(残り2種目の)権利は最後まで捨てずに狙いたい。コーチと800メートルをどう走るか決めた後に5000メートルの走り方を考えたいです。2種目ともできれば走りたいし、体を大事にして明日2種目走れる状態にしたい」

 12日に2種目に出れば、今大会は3種目5レースとフル回転。昨年大会は800メートル3位、1500メートル優勝、5000メートル3位だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集