[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と対戦の可能性も!? あの5階級王者がバンタム級に復帰、WBSS参戦に意欲

ボクシングの元5階級制覇王者、ノニト・ドネア(フィリピン)がバンタム級に復帰。超高額賞金トーナメントワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に参戦する可能性が出てきた。米専門メディアが報じている。

井上尚弥とWBSSに参戦する可能性が出てきたノニト・ドネア【写真:Getty Images】
井上尚弥とWBSSに参戦する可能性が出てきたノニト・ドネア【写真:Getty Images】

5階級制覇王者のノニト・ドネアが再びバンタム級を主戦場に、WBSSへの参戦にも意欲

 ボクシングの元5階級制覇王者、ノニト・ドネア(フィリピン)がバンタム級に復帰。超高額賞金トーナメントワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に参戦する可能性が出てきた。米専門メディアが報じている。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 あのドネアと、日本が誇る3階級制覇王者・井上尚弥(大橋)との夢のビッグマッチが見られるかもしれない。米専門メディア「ボクシングシーン.com」がドネアのバンタム級復帰プランを報じている。

「ノニト・ドネア(38勝5敗うち24KO勝ち)のラスト2戦は上限が126ポンド(57.15キロ)のフェザー級で行われた。だが、彼は階級を落とす事を望んでいるようだ」

 35歳のドネアは2007年にフライ級の世界王座を獲得。ここからスーパーフライ級、バンタム級、スーパーバンタム級、フェザー級と5階級でチャンピオンベルトを手にした、6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)に次ぐアジアボクシング界の英雄。

 直近は4月21日にWBO世界フェザー級暫定王座決定戦に臨むも判定負け。王座返り咲きを逃したドネアだが、今度は階級を落とし再びバンタム級に視線を移したようだ。

「明確な事は一つだけある。122ポンド(55.3キロ。スーパーバンタム級)あるいは118ポンド(53.5キロ。バンタム級)とは違って彼は126ポンドでは相手にダメージを与える力はないと言う事、現在彼と階級を下げる事を相談しているところで、彼ならもう一度バンタム級で活躍できるであろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集