[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、死闘から一転264秒決着にWBSS公式も衝撃「サイタマのなんて夜、なんてKOだ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)。2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)同級決勝で判定勝ちしていたノニト・ドネア(フィリピン)に対し、7日の3団体王座統一戦では2回TKOで圧勝した。WBSS公式インスタグラムも再戦に注目。「サイタマでのなんという夜。そして期待された再戦でのなんというKO劇だ」と驚き、両者を称えている。

井上尚弥の衝撃KOにWBSS公式も驚き【写真:荒川祐史】
井上尚弥の衝撃KOにWBSS公式も驚き【写真:荒川祐史】

井上はドネアを2回TKOで圧倒

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)。2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)同級決勝で判定勝ちしていたノニト・ドネア(フィリピン)に対し、7日の3団体王座統一戦では2回TKOで圧勝した。WBSS公式インスタグラムも再戦に注目。「サイタマでのなんという夜。そして期待された再戦でのなんというKO劇だ」と驚き、両者を称えている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

「ドラマ・イン・サイタマ」と称された前回対戦とは一転、開始わずか264秒で決着はついた。井上は初回終了間際に右ストレートでダウンを奪取。続く2回もラッシュを浴びせ、とどめの左フックでドネアを大の字に倒した。1万7000人の観客は大興奮。圧倒的強さで日本人初の3団体統一の偉業を成し遂げた。

 2019年11月のWBSS決勝では、井上が2回にドネアの左フックを被弾。骨折など大ダメージを受けながら12ラウンドを戦い抜いた。あれから2年7か月、完全決着にWBSSは公式インスタグラムで反応した。

 投稿文面に「サイタマでのなんという夜。そして期待された再戦でのなんというKO劇だ。テンプルへの決定的なパンチを受けた後、ドネアが2度目のダウンを喫した!」とKO劇に驚きをつづり、「おめでとう、ナオヤ・イノウエ。ありがとう、ノニト・ドネア」と両者を称えていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集