[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と再戦ドネア 「敗れても評判落ちない」と米指摘「もし番狂わせ起こせば…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。米メディアはこの一戦を展望。井上が有利としつつ「ドネアにとっても良い状況」としている。

前日計量をともにパスし、力強い表情を見せる井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】
前日計量をともにパスし、力強い表情を見せる井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】

井上とドネアは今日再戦

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。米メディアはこの一戦を展望。井上が有利としつつ「ドネアにとっても良い状況」としている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2019年の第1戦では井上が判定勝ち。米専門メディア「ボクシングインサイダー」の展望記事では「火曜の朝は早起きした方が良いかもしれない。名勝負の再戦が行われるのだから」「2人の未来の殿堂入り選手が栄光を手に入れる準備を整えた」と、米時間では早朝に行われる一戦に注目している。

 記事では「正直に言ってこの試合はイノウエが有利である」と予想しており、「予想通り彼が勝てば、未来の殿堂入り選手から2度目の栄光を掴むことになる」とも伝えている。

 その一方で「しかし、ドネアにとっても良い状況と言える」とも指摘。「彼の復活したキャリアは素晴らしいし、イノウエに負けたとしても、彼のこれまでの評判が落ちることはないだろう」と、例え井上に敗れたとしても恥ずべきことではないと注目している。

「もしドネアが番狂わせを起こせば、彼は“偉大なファイター”から“生きる伝説”に昇格する。決して小さいことではない」と、これまで素晴らしいキャリアを築いてきたドネアが、仮に井上に勝利すればさらに輝かしい経歴となると記載していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集