[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥と目を合わさず、握手もなし 宿敵ドネアの真意が読めない「不敵な笑み」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。3日は神奈川・横浜市内のホテルで会見。両雄が対面を果たした一方、ほとんど目を合わすことはなく、握手は一度もなかった。戦績は29歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

会見に臨んだドネア、眉間にシワを寄せる場面が目立った【写真:浜田洋平】
会見に臨んだドネア、眉間にシワを寄せる場面が目立った【写真:浜田洋平】

「6.7」井上尚弥VSドネア、再戦へ両者が会見

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。3日は神奈川・横浜市内のホテルで会見。両雄が対面を果たした一方、ほとんど目を合わすことはなく、握手は一度もなかった。戦績は29歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 午後0時30分、目を合わせたのはファーストコンタクトだけだった。先に壇上で着席したのはドネア。マスクを外し、待機していたところに井上が現れた。ドネアは挨拶のタイミングを計るようにチラチラと対戦相手の方向を見る。目が合った瞬間、互いに軽く会釈した。しかし、ともに歩み寄ることはなく、井上も着席。コロナ禍の影響を懸念した可能性もあるが、握手も交わさなかった。

 2019年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。当時は井上が判定勝ちし、多くの海外メディアから「年間最高試合」に選ばれた。井上は昨年6月に米ラスベガスで防衛戦を行い、視察に訪れていたドネアと対面。固い握手を交わすなど、リスペクトし合う両者の関係性はファンにも大いに知られている。

 第1戦の3日前、ドネアはカメラを向けられると、映画監督のように「3、2、1、アクション!」と言いながら手を叩くなど、冗談めかしていた。井上の予備検診中には、背後でVサインを作ってフラッシュを浴び、余裕たっぷり。関係者と笑顔で握手を交わし、リラックスムードだった。

 しかし、この日は正反対。敬意があるとはいえ、直接殴り合う試合の直前期間に仲良しこよし交流するわけではない。緊張感が漂っていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集