[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯“つま先弾”と鈴木隆行の生き様 「勘違いしない」男が愚直に追った微かなチャンス

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

日韓W杯から20年、鈴木隆行がベルギー戦のゴールとストライカーとして抱き続けた信念を語った【写真:高橋学】
日韓W杯から20年、鈴木隆行がベルギー戦のゴールとストライカーとして抱き続けた信念を語った【写真:高橋学】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#6 鈴木隆行の回顧録・第2回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 日本代表がW杯で初めて勝ち点を奪ったベルギー戦(2-2/埼玉スタジアム)から、6月4日でちょうど20年を迎えた。あの日、鈴木隆行は相手に先制点を許した2分後、小野伸二からのロングパスをつま先で押し込み、日本の快進撃の口火を切る。日本中を熱狂させた魂のゴールは、どのようにして生まれたのか。歴史的な一撃の背景やストライカーとして抱いていた信念を、20年が経った今、本人が改めて振り返った。(取材・文=二宮 寿朗)

 ◇ ◇ ◇

 決定的なパスというわけではなかった。

 ベルギーに先制点を奪われた2分後だった。自陣左サイドから送られた小野伸二のロングパスの先には、鈴木隆行と2人の相手DFがいた。1対2では分が悪い。満員の埼玉スタジアムが沸いたわけでもない。

 相手のほうがボールには近かった。それを見て安心したのか、もう1人のDFは足を止めた。ところがどうだ。バウンドしたボールに対して、あきらめずに前に出ていた鈴木が相手と入れ替わる。もう相手はいない。GKが前に出てくるも、2度目の小さなバウンドは鈴木に味方した。

 伸ばした右足のつま先にヒットしたボールはゴール左に吸い込まれていく。スタジアムのボルテージは一瞬にして沸点に達した。

 あの瞬間のことを、鈴木は今もしっかりと覚えている。

「つま先に当てた感覚はありました。ただ、転がっていくボールの軌道がちょうどGKと重なってしまって、最初は見えなかった。ちょっと(顔を)横にしたら、コースギリギリのところをまっすぐに向かっていた。絶対に入るっていう転がり方でした」

1 2 3 4

二宮 寿朗

1972年生まれ、愛媛県出身。日本大学法学部卒業後、スポーツニッポン新聞社に入社。2006年に退社後、「Number」編集部を経て独立した。サッカーをはじめ格闘技やボクシング、ラグビーなどを追い、インタビューでは取材対象者と信頼関係を築きながら内面に鋭く迫る。著書に『松田直樹を忘れない』(三栄書房)、『中村俊輔 サッカー覚書』(文藝春秋、共著)、『鉄人の思考法~1980年生まれ戦い続けるアスリート』(集英社)、『ベイスターズ再建録』(双葉社)などがある。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集