[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹が“奇跡的ショット” 失格前の珍事に米全国紙まで注目「ゴルフファン仰天」

米男子ゴルフツアーのメモリアル・トーナメントは2日、米オハイオ州ミュアフィールドビレッジGC(7533ヤード、パー72)で開幕。2014年大会の優勝者・松山英樹(LEXUS)は前半9ホールを消化後、使用クラブの規則違反で失格となった。大会を去る前、2番パー4で放っていた“奇跡のショット”に米全国紙が注目。「ゴルフファンも仰天」と驚きを持って報じている。

ショットを放つ松山英樹【写真:Getty Images】
ショットを放つ松山英樹【写真:Getty Images】

メモリアル・トーナメント初日に失格も、2番で奇跡

 米男子ゴルフツアーのメモリアル・トーナメントは2日、米オハイオ州ミュアフィールドビレッジGC(7533ヤード、パー72)で開幕。2014年大会の優勝者・松山英樹(LEXUS)は前半9ホールを消化後、使用クラブの規則違反で失格となった。大会を去る前、2番パー4で放っていた“奇跡のショット”に米全国紙が注目。「ゴルフファンも仰天」と驚きを持って報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 前半を終え、使用クラブの規則違反が明らかとなり、松山は失格に。大会を去る事となったが、2番パー4でなかなか見られない珍ショットが生まれていた。

 ラフから放った打球が、フェアウェー右に着弾。傾斜を下り、池に向かって転がっていった。池ポチャかと思われたが、なんとボールの行き先に運よく橋が架かっていたのだ。その幅はわずか数十センチかという狭さだが、球は落ちずになんとか留まった。米実況席も思わず「オーマイグッドネス!」と驚きの声をあげていた。

 結局このホールはダブルボギーだったが、PGAツアー公式ツイッターが実際の映像を公開。また米全国紙「USAトゥデー」のスポーツ専門メディア「フォー・ザ・ウィン」は「ラッキーなバウンドがヒデキ・マツヤマに橋のチップオフとなり、ゴルフファンも仰天」との見出しでこの一打を報じた。

 記事では「2021年のマスターズ・チャンピオンは、木曜日の最初のラウンドで大きな幸運に恵まれた」「それは残り157ヤードの距離から、ドロップショットであわや(池に)落ちるところだった」とこの出来事を伝え、「しかしながら、ボールは落ちずにまさに正しい方向へと着地した」と幸運にも橋の上に転がったことを表現した。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集