[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBSS本命は井上尚弥 米メディアが「圧巻、規格外、強烈無比」と評す“三種の武器”

ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチで正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ちを収め、3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。超高額賞金の一大イベント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」に参戦することを正式表明しているが、米メディアはスピード、パワー、ボディ打ちの“三種の武器”を誇る「The Monster」をV候補に太鼓判。対抗馬にプエルトリコの新王者を挙げている。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

3つの武器に「WBSS制覇の優位性」、最大のライバルは“プエルトリコの怪物”

 ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチで正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)に初回1分52秒でTKO勝ちを収め、3階級制覇を成し遂げた井上尚弥(大橋)。超高額賞金の一大イベント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」に参戦することを正式表明しているが、米メディアはスピード、パワー、ボディ打ちの“三種の武器”を誇る「The Monster」をV候補に太鼓判。対抗馬にプエルトリコの新王者を挙げている。米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

「衝撃の112秒」でマクドネルを圧倒し、3階級制覇を果たした井上。今年、第2回大会を行うWBSSで新設されるバンタム級のトーナメント「WBSS」に参戦を正式表明した。昨年9月にスタートしたボクシング界の一大イベント。第1回大会ではクルーザー級とスーパーミドル級の8選手がエントリー。賞金総額5000万ドル(約53億円)というトーナメント形式で最強王者の座を争っている。

 WBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、WBA世界スーパー王者ライアン・バーネット(英国)、IBF世界王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の参戦がすでに発表されており、テテは井上―マクドネル戦後、「おめでとう、ナオヤ・イノウエ。我々のファイトを、オレは待ち切れない!すぐに会おう」とツイート。祝福とともにWBSSでの挑戦状を叩きつけていた。

 大注目の“ボクシングのW杯”。特集では優勝の本命に井上を挙げている。「イノウエのスピード、パワー、ボディの能力でWBSSトーナメント制覇に優位性を与えている」と分析。圧巻のスピード、規格外のパワー、マクドネルをいきなりマットに沈めた強烈無比なボディブローの3つの武器を高く評価。「The Monster」こそが優勝候補としている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集