[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

顔が腫れた井上尚弥&ドネア、海外ファンが感動した激闘舞台裏「涙が出る寸前だった」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行う。判定勝ちした第1戦から2年7か月。注目の再戦を盛り上げるべく「ドラマ・イン・サイタマ2」と題し、第1戦で話題になった出来事をピックアップする。今回は、試合後のロッカールームで対面した2人の様子だ。

2019年11月、ノニト・ドネアを下し笑顔で控室に戻る井上尚弥【写真:荒川祐史】
2019年11月、ノニト・ドネアを下し笑顔で控室に戻る井上尚弥【写真:荒川祐史】

6.7井上尚弥VSドネアまであとわずか―「ドラマ・イン・サイタマ2」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦を行う。判定勝ちした第1戦から2年7か月。注目の再戦を盛り上げるべく「ドラマ・イン・サイタマ2」と題し、第1戦で話題になった出来事をピックアップする。今回は、試合後のロッカールームで対面した2人の様子だ。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 リングを下りても称え合った。試合後のロッカールーム。井上は上半身裸のまま左拳を握った。右目上が切れ、痛々しい印象。隣のドネアの顔も腫れている。2人で肩を組み、柔らかな表情は浮かべた。

 画像を公開したWBSS公式ツイッターは、文面に「2人の勇者たち。リスペクトだ!」と記して舞台裏の2ショットを投稿。当時、海外ファンから「ベストショットだ」「凄い戦いだった」「あの試合は本当に美しかったし、私は涙が出る寸前だった」と感動した様子の声が寄せられていた。

 多くの海外メディアで年間最高試合に選出された名勝負。第2戦もファンの期待を膨らませそうだ。

〇…試合はPrime Videoにて「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾として独占ライブ配信される。日本のプライム会員は追加料金なしで視聴可能。第1弾では、4月9日のWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦が独占生配信され、大きな反響を集めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集