[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「摂食障害でも圧力かけた」 米元五輪コーチの壮絶な“いじめ&脅迫”を19人が告発

米大学の水泳選手たちが、有名コーチの長年に渡るいじめ行為を主張した。米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は、「カリフォルニア大バークレー校の水泳選手たちが、コーチのテリー・マッキーバーからいじめと言葉の暴力を長年受けてきたと主張」との見出しで記事を公開。米国の女性ヘッドコーチとしてロンドン五輪でも数多くのメダル獲得に貢献したマッキーバー氏について伝えている。

カリフォルニア大バークレー校、水泳コーチのテリー・マッキーバー氏【写真:Getty Images】
カリフォルニア大バークレー校、水泳コーチのテリー・マッキーバー氏【写真:Getty Images】

ロンドン五輪でヘッドコーチを務めたマッキーバー氏

 米大学の水泳選手たちが、有名コーチの長年に渡るいじめ行為を主張した。米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は、「カリフォルニア大バークレー校の水泳選手たちが、コーチのテリー・マッキーバーからいじめと言葉の暴力を長年受けてきたと主張」との見出しで記事を公開。米国の女性ヘッドコーチとしてロンドン五輪でも数多くのメダル獲得に貢献したマッキーバー氏について伝えている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 記事で紹介されている選手の主張によると、カリフォルニア大で指導しているマッキーバー氏は、当時1年生だったダニエレ・カーターが患っていたてんかんについて、病が嘘であると非難。練習ではほぼ毎日、カーターを他の部員の前で怒鳴りつけていたという。

「怠慢だ」「価値がない」「時間の無駄」などと罵られていた当時のカーターの状態について、同紙は「食べることも、眠ることもできなくなった。授業にも集中できなかった。時にはストレスから疲れ果て、睡眠も足りず、授業中に居眠りした。ほぼ毎日パニック状態に陥った。ベッドから起き上がれない日もあった。カーターと彼女の両親によると、全てが発作に繋がったという」と伝えている。

 2019年秋のある晩、カーターはベットで自殺を考えたとされているが、直前で恐くなり、チームメートに助けを求めたという。記事では「南カリフォルニア・ニュースグループ(SCNG)の調査によると、カーターは2018年以降にマッキーバーのいじめと彼らが表現する原因によって自殺を考えた6人のスイマーの一人だという」と、カーターのほかにも自殺を考えたスイマーが存在すると報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集