[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら、3打差5位発進も反省「もっと伸ばしたかった」「ミスをなくしていきたい」

国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。ツアー6勝の小祝さくら(ニトリ)は、6バーディー、3ボギーの69で3アンダー。首位に3打差の5位につけた。会見では「1日4アンダー」を今大会の目標にしていると明かし、「まあまあだけど、もっと伸ばしたかった」と振り返った。

3アンダーで首位に3打差の5位につけた小祝さくら【写真:Getty Images】
3アンダーで首位に3打差の5位につけた小祝さくら【写真:Getty Images】

リゾートトラストレディス初日

 国内女子ゴルフツアーのリゾート トラストレディスが26日、山梨・メイプルポイントGC(6580ヤード、パー72)で開幕した。ツアー6勝の小祝さくら(ニトリ)は、6バーディー、3ボギーの69で3アンダー。首位に3打差の5位につけた。会見では「1日4アンダー」を今大会の目標にしていると明かし、「まあまあだけど、もっと伸ばしたかった」と振り返った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 全米女子オープン(6月2~5日)に出場するため、2018年のプロデビュー以来、続けてきた国内連続試合出場記録は歴代4位の「142」でストップ予定。区切りの試合で今季初勝利を目指す。首位は6アンダーのサイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)。2位には4アンダーの高橋彩華(東芝)ら3選手がつけ、昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は1オーバーの53位と出遅れた。

 ◇ ◇ ◇

 最終18番パー5。小祝は2メートルのバーディーパットを外し、悔しがった。

「ちょっと、うまくいきませんでした。いい転がりで打てませんでした。1個のミスでボギーになったホールもあったので、そういうミスをなくしていきたいです」

 前日に話した通り、ティーショットは「フェードのイメージ」で打ったという。だが、4番パー4ではボールがつかまりすぎて左へ。第2打は極端なつま先下がりのショットになったが、巧みなリカバリーでパーオンに成功した。

 しかし、残り12メートルを3パットでボギーとし、「もったいなかったです」。ラウンドを振り返る中でも、「1日4アンダーを目標にしていたので、もっと伸ばしたかったです。パットも打った瞬間に入らないと分かるのもあって、そういうところは修正したいです」と反省の弁を口にした。

 もっとも初日5位は、今季12戦ではほけんの窓口レディースの1位に続く好スタート。連続試合出場が「142」で途切れる大会だが、勝利に向けて「(グリーンで)つけるところを間違えたら、(パットが)難しくなるので、そういったところも考えながら、ピンポイントで打っていきたいです」と気を引き締めた。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集