[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、10年無敗の王者倒した“112秒KO”から4年 海外未だ戦慄「異常なパワーだ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、衝撃の“112秒KO勝ち”を収めてから25日でちょうど4年が経過した。挑戦者として臨んだ2018年のWBA同級タイトルマッチで、10年間無敗を誇っていた当時の正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)を圧倒。世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」の編集長も「イノウエはぶっ飛ばしちゃったんだ」と振り返っている。

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】
WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥【写真:AP】

2018年、マクドネル相手に初回1分52秒TKO勝ち

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が、衝撃の“112秒KO勝ち”を収めてから25日でちょうど4年が経過した。挑戦者として臨んだ2018年のWBA同級タイトルマッチで、10年間無敗を誇っていた当時の正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)を圧倒。世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」の編集長も「イノウエはぶっ飛ばしちゃったんだ」と振り返っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2018年5月25日、井上は10年間無敗を守っていたマクドネルと対戦。圧倒的な力を見せつけた。いきなり強烈な左ボディーでダウンを奪うと、再開後も容赦なく攻め立てる。ロープ際に追い詰め、怒涛のラッシュ。耐えきれなかったマクドネルがキャンバスに崩れ落ち、レフェリーが試合を止めた。初回1分52秒TKO勝ちで3階級制覇を達成。マクドネルは茫然自失の表情を浮かべていた。

 ちょうど4年が経過した25日、ツイッター上では井上の圧勝シーンが話題になった。「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長は「イノウエはバンタム級でトップ3にランクインしていたダウン経験のないボクサーを1回以内にぶっ飛ばしちゃったんだ」と投稿。当時の衝撃を回顧していた。

 映像で振り返った海外ファンからは「この男はモンスターだ」「彼は日本のエドウィン・バレロだ」「この試合がきっかけでファンになった」「今一番好きなボクサー」「イノウエは異常なパワーの持ち主だ」「マクドネルはトップのボクサーだったけど、こんな風に惨敗するなんて」「王者だ」「個人的には、現在地球上で最高のボクサーだと思う」などとコメントが集まっていた。井上は6月7日、WBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)との王座統一戦に挑む。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集