[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

無敗ホリフィールド息子が前のめりダウン 格下32歳に2回KO負けで米驚愕「最大の洗礼」

ボクシングの元世界ヘビー級3団体王者イベンダー・ホリフィールド氏の息子、エバン・ホリフィールドが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州で行われたスーパーウェルター級6回戦で、ジュルマイン・マクドナルド(いずれも米国)にまさかの2回KO負け。デビュー10戦目にしてプロ初黒星を喫した。強烈なパンチを食らって前のめりにダウンした映像には、「残酷だ」「エグい」と米ファンのコメントが集まっていた。

エバン・ホリフィールド【写真:Getty Images】
エバン・ホリフィールド【写真:Getty Images】

オッズ大本命も予想外の敗戦

 ボクシングの元世界ヘビー級3団体王者イベンダー・ホリフィールド氏の息子、エバン・ホリフィールドが14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州で行われたスーパーウェルター級6回戦で、ジュルマイン・マクドナルド(いずれも米国)にまさかの2回KO負け。デビュー10戦目にしてプロ初黒星を喫した。強烈なパンチを食らって前のめりにダウンした映像には、「残酷だ」「エグい」と米ファンのコメントが集まっていた。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 格下と思われていた相手に、まさかのKO負けを喫した。2回、エバンはマクドナルドが放った右のオーバーハンドをまともに顔面に受けた。「バシッ」と鈍い音が響いた後、意識が一瞬飛んだ様子で前のめりにダウン。場内が騒然とする中、何とか立ち上がろうとしたが、10カウントの前にレフェリーが試合を止めた。

 試合前まで9戦全勝(6KO)と前評判の高かったエバンだが、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ジュルマイン・マクドナルドがエバン・ホリフィールドに2回KO勝ちの番狂わせ」と見出しを打って記事を掲載。「エバン・ホリフィールドのプロキャリアは始まったばかりだが、最大の洗礼を受けた」と伝えた。

 記事では「この試合まで無敗だったホリフィールドはオッズでも大本命で、簡単に勝つと思われた」「9勝6KOの24歳は対戦相手をこれまで簡単に倒してきた」「32歳のマクドナルドにとって最も印象的な勝利となり、戦績を7勝5敗3KOとした」とエバンにとっては予想外の敗戦であったとしている。

 映像を公開した米スポーツ放送局「ESPN」のボクシング専門ツイッターの投稿には、「エグい」「パンチ見えてなかったな」「残酷だ」「ホリフィールドの息子が」「ディフェンススキルがまだまだだな」「このパンチなら誰でも倒せる」「痛そう」などと驚いた米ファンのコメントが集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集