[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、角度22度の弾丸100号 米実況席では日本語炸裂「オオタニサン、スゴイ!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、アスレチックスとのダブルヘッダー第2戦に「3番・DH」で先発出場。5回の第3打席でメジャー通算100号となる7号2ランを放った。メモリアルな弾丸ライナーに、地元放送局は「SUGOI!(凄い)」と連発し、日本語で最敬礼を送っている。

5回に2点本塁打を放ち、マイク・トラウト(左)とハイタッチを交わす大谷翔平【写真:AP】
5回に2点本塁打を放ち、マイク・トラウト(左)とハイタッチを交わす大谷翔平【写真:AP】

松井秀、イチローに次ぐ日本人100号

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、アスレチックスとのダブルヘッダー第2戦に「3番・DH」で先発出場。5回の第3打席でメジャー通算100号となる7号2ランを放った。メモリアルな弾丸ライナーに、地元放送局は「SUGOI!(凄い)」と連発し、日本語で最敬礼を送っている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 文句なしの一撃で、マイルストーンに到達した。5点リードの5回無死二塁、大谷は相手右腕オラーが投じた初球を強振。ライナー性の打球はセンター方向にぐんぐん伸びると、そのままスタンドイン。豪快な7号2ランは、日本選手では史上3人目のメジャー通算100本塁打となった。

 発射角度22度、打球速度は110.1マイル(約177.2キロ)という弾丸本塁打。圧巻の打球にはロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」の放送席も大興奮だ。実況は「ショウヘイ・オオタニがセンター方向に持っていった。入った! これは、ショウヘイ・オオタニ、メジャーリーグ100号だ! スゴォイ!」と日本語を交えながら伝えた。

 メジャー通算132勝を誇る名物解説マーク・グビザ元投手も「ショウヘイが破壊しました!」とテンションマックス。「100号、おめでとう!」と語った後、「オオタニサン、スゴイ!」とこちらも日本語の祝福が炸裂。地元放送局ながら、もはやお馴染みともいえる日本語が飛び交っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集