[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3位稲見萌寧、最終18番ダボも平然 最終日は「風次第」と強調「耐えながら伸ばしたい」

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日が7日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。3位から出た稲見萌寧(Rakuten)は、3バーディー、1ダブルボギーの71で通算4アンダー。首位で通算11アンダーの山下美夢有(加賀電子)に7打差の3位でホールアウトした。最終18番パー4で2つスコアを落としたが、淡々と「しょうがないです」。8日の最終日は風が吹くことを念頭に入れ、「耐えながら伸ばしたい」と言葉に力を込めた。

ワールドレディスサロンパス杯、通算4アンダーで3位の稲見萌寧【写真:Getty Images】
ワールドレディスサロンパス杯、通算4アンダーで3位の稲見萌寧【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日が7日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。3位から出た稲見萌寧(Rakuten)は、3バーディー、1ダブルボギーの71で通算4アンダー。首位で通算11アンダーの山下美夢有(加賀電子)に7打差の3位でホールアウトした。最終18番パー4で2つスコアを落としたが、淡々と「しょうがないです」。8日の最終日は風が吹くことを念頭に入れ、「耐えながら伸ばしたい」と言葉に力を込めた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 最終18番パー4。稲見らしくないミスが続いた。第1打を左ラフに入れ、第2打はグリーン手前のバンカーへ。ピンまで50ヤードの第3打は「雨で思ったよりも砂が重くなっていた」ことで、グリーンオンもできなかった。その後、第4打をピン2.5メートルに置いたが、ボギーパットも入らず。だが、稲見は平然としていた。

「最後はしょうがないです。雨が強かった間も耐えましたし、アンダーで回れて良かった。実は昨日の最後の方に怪しかったショットも、今日は修正できました」

 首位の山下とは7打差だが、「風次第だと思います。吹けば耐えるゴルフになると思うので、私は耐えながらスコアを伸ばしていきたいです」と言った。シャフトを替えたドライバーは「今季、最もいい状態」で、昨季までのトレーナーとの再契約で体のコンディションも上向き。

 表情も明るくなってきた稲見は最終日、ジワジワと山下との差を詰めるつもりだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集