[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平がボストンに残した5.5の衝撃「Welcome to the Sho」地元紙は紙面トップで報道

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は5日(日本時間6日)に行われた敵地レッドソックスにリアル二刀流で出場し、投げて7回無失点11奪三振、打って2安打1打点と活躍。一夜明けた6日(同7日)、ボストンの地元紙はスポーツ面のトップで「Shohei Ohtani」の活躍を伝えた。

レッドソックス戦で投打にわたって活躍を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レッドソックス戦で投打にわたって活躍を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ボストングローブ紙「オオタニは光輝いていた」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は5日(日本時間6日)に行われた敵地レッドソックスにリアル二刀流で出場し、投げて7回無失点11奪三振、打って2安打1打点と活躍。一夜明けた6日(同7日)、ボストンの地元紙はスポーツ面のトップで「Shohei Ohtani」の活躍を伝えた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 地元ボストンで最大手のボストングローブ紙は「Welcome to the Sho(ショーへようこそ)」と見出しを打ち、「ショー」と大谷の名前をかけて報道。大谷が力投する写真を大きく使い、「ソックス投手陣は終盤に崩れたが、オオタニは光輝いていた」と小見出しをつけた。

 本文では「ソックスは5連敗を喫した。要約するとショウヘイ・オオタニがスペシャルだった」などと記載。対照的に、大谷に4三振を喫するなど沈黙した新加入のトレバー・ストーリーにブーイングを浴びせられたレッドソックスの記事より紙面を割き、高い注目ぶりが伺えた。

 大谷に衝撃はメディアばかりじゃない。3打数無安打に終わった通算269本塁打のJD.マルティネスは「非常にタフだった。全ての球が予測不可能のように感じるから」と語り、投げ合った現役最年長左腕ヒルも「もしかしたらあと100年見られないかもしれない」と二刀流での活躍を改めて称賛していた。

 ボストングローブ紙の記事の中には「ショウヘイ・オオタニが球界の聖堂の1つで、記憶すべき声明を残した日」という記述もある。二刀流の元祖ベーブ・ルースが100年以上前に躍動した聖地で圧巻の活躍を演じた現代の二刀流。2022年5月5日はメジャーにおいても特別な日となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集