[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

安田祐香「8打差なら圏内」 6打差2位から大逆転メジャーVへ負けん気を発揮

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日が7日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。3位から出た安田祐香(NEC)は、5バーディー、3ボギーの70で通算5アンダーとし、2位に浮上した。首位で通算11アンダーの山下美夢有(加賀電子)とは6打差。だが、最終日の可能性を信じて「8打差なら(優勝)圏内」と前を見据えた。

ワールドレディスサロンパス杯、通算5アンダーで2位に浮上した安田祐香【写真:Getty Images】
ワールドレディスサロンパス杯、通算5アンダーで2位に浮上した安田祐香【写真:Getty Images】

国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日

 女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯第3日が7日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。3位から出た安田祐香(NEC)は、5バーディー、3ボギーの70で通算5アンダーとし、2位に浮上した。首位で通算11アンダーの山下美夢有(加賀電子)とは6打差。だが、最終日の可能性を信じて「8打差なら(優勝)圏内」と前を見据えた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 安田は1番パー4から3連続バーディーを奪った。ショットがピンに絡み、首位奪取についても「いけるかなと思いました」と明かした。しかし、同組の山下も2番から3連続バーディー。後半は自身がスコアを落とし、山下が伸ばして差を広げられた。ただ、気持ちは至って前向きだ。

「9、10番をボギーにしましたが、これまで通り安全にいけました。(雨で)グリーンの速さも変わりましたが、そこはうまく対応できました」

 1学年下で同じ関西育ちの山下とは、ジュニア時代から競い合った関係だ。試合や強化合宿でも同じ時間を過ごしており、「仲がいいので、今日も回りやすかったです」と言った。ラウンド中は「『すごいな』と思ったショットもたくさんありましたが、『負けないように』と思っていました」。そして、6打差をつけられた状況でも、「8打差以内なら(優勝)圏内だと思います」と言ってみせた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集